PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

台湾でプリペイドsimを使うまで(出国前の用意と通信)

May 1, 2015
スポンサーリンク
スポンサードリンク

台湾でプリペイドsimを使うまで

allhatena海外携帯ネタはよくあるものの、実際はどーするのかととか、日本いるときはどうするのかというのがわからなかかったりします。だからといってdocomoやau、SoftBankで契約した携帯やスマホを海外でしようすると、パケット使用料は1日あたり2000〜3000円くらいします。

そこで、海外のプリペイドsimを利用すると、半額以下になってしまって、かなーり安くなるんですよね。

ここはひとつ出国から台湾でプリペイドsimカードを買うまでを辿ってみます。

 

用意するもの

PAK85_garakebb20141025171133500-thumb-815xauto-5554まず用意する物は、simフリーの携帯です。無い場合は格安スマホが2〜3万とかで最近は家電量販店や通販で売られています。中には1万円前後のものもあります。もちろん日本国内の技適あります。

docomoのスマホを持っている場合は、ここ2〜3年前のものであればsimロック解除をdocomoショップで行えるため、そちらを利用するのも手です。ただしiPhone6s以前及び他社キャリア製はNG。

時間がないときは、羽田・成田・関空だと空港内にdocomoショップがあるので、航空会社のチェックイン後にでもロック解除の手続きを行って下さい。(羽田の場合06:30〜23:00まで営業、解除手数料:3000円)3Gは必ずband1の周波数をつかめるため、使えないということはありません。

なお2015年5月以降発売したモデルについては、原則SIMロック解除が行えます。当然それ以降に発売されたiPhoneも対象です。
docomo iphone6s plus SIMロック解除の方法

出発するまでの間

JK92_coffe20150208114046-thumb-815xauto-12449搭乗までの間にどうしてもスマホ等でネットにつないで暇つぶしをしたいと思います。ここはが到着後に海外パケットにつながないように、出発前にパケット通信はOFFにしておきましょう。

その代わり空港には空港には有料無料のWifiありますので、こちらをなるべく利用しましょう。

ただし無料のWifiはWEP等のセキュリティはかかっていません。有料はdocomo-wifiとかBBモバイルなど携帯キャリアのWifiサービスが使えるので、携帯契約時にタダだからつけていた永年無料とかのWifiオプションが火を噴くときです(笑)

最近スマホに変えていない人やPCの場合は、下記の無料Wifiを使って下さい。

無料WiFi登録編

PAK73_MBAsawarukey20140312500-thumb-815xauto-4542羽田も成田も基本的にはNTT-BPが提供しているため、若干のデザイン違いはあるが、登録方法は同じ。

羽田は館内のロビー、出国エリアで無線LANが使用できるとあるが、だいたい館内各所のPCデスク、待ち合い椅子の周辺までで、あまり店の中は駄目な模様。
成田は数年前に座れるところは使えるようにアクセスポイントを増強したので、割と使えると思います。

1.PCまたはスマートフォンのネットワーク名(ESS-ID)は「HANEDA-FREE-WIFI」を選択。WEPキーの設定は不要。
2.Webブラウザを起動。
3.手続き開始が画面が表示され、「登録」ボタンを押下。
4.規約に同意後、ユーザエントリー画面で名前とメールアドレスを投入。
5.セキュリティ事項に同意し、画面を進めるとインターネットに接続できます。

3時間で一回有効期間が切れますが、再度登録し直せば使えます。その時、同じ聞きであれば再度名前とメールアドレスを入力する必要はありません。
出国手続き後は、大体待合い席あたりまで使えますが、場所によっては搭乗しても届いているケースもあります。

 

では次は台湾に着いてからです。

既に現地についてしまっている場合は、、、、どうもすみません(汗

【2016年11月追記】
というか、かなりのあいだを開けてしまっていて、どーしようかと、、、
とりあえずこの先への道しるべです 。。。

台湾ぷりぺいどSIM一覧

台湾おすすめプリペイドSIMカードは中華電信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧