PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

太魯閣号(タロコ号)と普悠瑪号(プユマ号)が遅れぎみ ~ 台鉄看板最速特急

October 23, 2015
スポンサーリンク

台湾鉄路管理局は21日、今年1~8月の定時運行率を発表しました。

image

台湾鉄道の看板特急「太魯閣号」と「普悠瑪号」は85.54%であった。これは他の列車よりも定時運行率が低く、陳建宇交通部長(交通相)は立法院(国会)の交通委員会で「半年以内に95%以上に改善する」と語った。

各列車の定時運行率
区間車     95.57%
キョ光号 85.89%
自強号     86.12%(太魯閣号と普悠瑪号を除く)

台鉄では、終着駅到着時刻が定刻より5分以内であれば、定時運行としている。
台鉄陳部長は、運賃に見合った運行を目指すとしている。
image

乗降に時間が取られているので、停車時間の見直しも必要と思われます。特に旧正月などの大型連休などは、軒並み遅れてくれますからね。
以前は指定が取れにくく、台鉄自身もうれしい悲鳴を上げていましたが、最近は車輛が増えてきているので、乗りやすくなったのかな?
image


太魯閣号(タロコ号)

2007年2月春節輸送で自強号の臨時列車として台北 – 花蓮間で運転開始し、同年5月8日より定期運転開始。(平日3往復、土休日4往復)
最大8往復あった運転も、東部幹線全線電化後(2014年7月1日)と普悠瑪列車専用のTEMU2000形電車の増備により、次第に本数を減らし、現在は一日4往復となっている。現在は台北 – 花蓮を基本に 斗六・彰化・樹林 – 台北 – 花蓮・寿豊間を結ぶ。
太魯閣号で使用されるTEMU1000形は、JR九州の885系(白いかもめ・ソニック)振り子型電車をベースに、同系と同じ日立製作所で製造された。(1枚目の写真)
image

料金は自強号に準じているが、指定券以外の立席乗車不可や悠遊カード等ICカード、定期券による乗車不可となっている。指定券を所持していない場合は不正乗車と見なされ、5割増の加算料金が請求される。
最速列車は台北松山発車後、終点花蓮までノンストップ列車の所要時間は2時間3分程で走行する。

普悠瑪号(プユマ号)

2013年2月6日からの春節期間より運転を開始。太魯閣号の後継車両であるTEMU2000形が使用される。日本車輛製造。
その後は太魯閣号とともに北廻線・宜蘭線の高速化や東部幹線全線電化(2014年7月1日)より樹林-台東と運転区間拡大とともに増便。2往復は知本まで延長される。
料金や切符の取扱いは太魯閣号と同じ扱いとなる。
最速列車は台北松山発車後、花蓮までの間を2時間を切る早さで走行する。台北~台東間は3時間半。その代わり高速化の影響か、乗り心地は太魯閣号より揺れるとのこと。太魯閣号と合わせて、概ね1時間ヘッドのダイヤが組まれている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧