PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

ドコモがspモードIMEI制限解錠?撤廃?SIMフリースマホに朗報か?!

October 22, 2015
スポンサーリンク

docomosmartphone23
ドコモ契機でシムフリースマートフォン・携帯を持っている人に朗報。

NTTドコモのインターネット接続サービスであるSPモードは、ドコモ製端末以外からの利用制限をしていましたが、2~3日前ぐらいからSIMフリーモデルでもSPモード通信が可能になったとの報告がネット上に挙がっています。

smartphone19
SPモードは機種固有の番号であるIMEIを参照して、ドコモが販売した端末かを判別しています。それによって、インターネットへの接続するかを決めていました。このため一部のSIMフリーiPhoneとNexus5(Google販売分)以外、ドコモが販売した端末以外は、原則としてSPモードには接続不能でした。

これがドコモSIMでドコモ以外で販売された端末に挿しても、SPモードのAPNで3Gや4Gデータ通信に接続できるようになってます。
なかには脱獄した端末でも可能の模様で、全面的に開放かと思われます。

調べていくと、どうやら今回SPモードを開放したのは、今年5月に改正された「SIMロック解除に関するガイドライン」対策だそうです。ちょうど来月から解禁となる端末が出始めますね。さてはともあれ、ユーザにとっては使用端末の選択肢が増えて喜ばしいところです。

Android設定方法

①Andoroidの「設定」画面より「接続とネットワーク」→「その他」
②「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」に行く。
③メニューから「新しいAPN」を選択して、名前とAPNを以下の内容で入力して保存します。

名前:spmode.ne.jp(任意)
APN:spmode.ne.jp
認証タイプ:CHAP

④作成したAPN(spmode.ne.jp)を選択します。

Twitterでも「spmode」などで検索すると、動作実績が多数報告されています。機種によっては「spmode」や「SPモード」といった設定が、すでに用意されているものもあるようです。
今のところ公式では特にアナウンスされていないため、何かしら追加課金されたり、WI-FIやBluetoothのテザリングは使えるかどうか、などの数々の不明点の確認は取れていません。
WI-FIテザリング、、、ドコモ縛りのテザリングも、この際修正してもらいたい。
smartphone24

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧