スポンサードリンク

スポンサーリンク

台湾旅行

高雄駅で荷物を預けられる行李房は地下のインフォメーション傍に移転

更新日:

2018年10月13日に地上駅での営業が終了した台鉄高雄駅。翌日から新たに地下ホームに移動しました。

現在では正面出口の駅舎は閉鎖され、裏側の駅舎は、通行路のみの利用となっています。

新しい高雄駅の様子はまた別の機会に。

スポンサードリンク

旧地上駅の高雄駅行李房は閉鎖

地上駅時代、荷物を一時的に預けられるところといえば、改札傍のコインロッカーか、駅横から裏手に回ったところにある「行李房」(Xínglǐ fáng)という、有人の荷物一時預り所が利用することができました。

上記は2018年8月下旬のころ。まだ3ヶ月ほど前のことなんですよね。

地上駅の仮設本駅舎は地下化に伴い使用が閉鎖され、それと同時行李房も閉鎖されました。

3ヶ月前にあった案内は消えています。

さて高雄駅が地下に移転した後では、どこに預けることができるのでしょうか?

新しい高雄駅の行李房も移転

新しい高雄駅のコンコースでは、行李房の案内はどこにもありません。

コンコースを見回しても「行李房」という文字は見えません。

しかし駅構内の地図を見ると、一応あるようです。

場所は、東門のインフォメーションセンターの側。

なので、とりあえず東門の方に向かいました。

今までは正面出口と裏口だった高雄駅ですが、地下化に伴って、1~7号車付近に降りれる東門口と8~15号車付近となる西門口という2つの改札口に分かれています。ご注意願います。

分かりにくい高雄駅の行李房

インフォメーションセンターへは、東3門もしくは東5門辺りが近くの入り口となります。

が、それらしき標識がないよ??

とりあえず地図を頼りにインフォメーションセンターを通り過ぎてみると、そこは授乳室と礼拝室、、、なんか場違い(^^;
即座に退散しました。

あれ、もしかして地図にはあるけれど、まだ準備中?(台湾あるある)などと思いながら10分ほど付近をうろついていました。あやし~日本人だと思われていなかったこと祈りたい。

で、やっと発見しました。

場所はインフォメーションセンターと切符売り場の間でした。けどですねぇ、、、

分かましたか?

アップします。スマホ画面だと分かりにくいかもしれませんので、さらにどーん!

行李房の入り口の上に、ポツンと「行李房」と書かれているだけで案内なし。

扉の横に壁と一体化して申し訳なさそうにある行李房の利用案内。分かりにくいですよ、高雄駅さん。

行李房の営業時間や利用料金は、今までの行李房と同じです。

高雄駅行李房営業時間と利用料金

・営業時間 07:00 ~ 20:00(他駅より開始が1時間早い)
・料金

三辺の和の合計 料金(1日ごと)
三辺の和が100cm以下 30NT
三辺の和が100cm以上~150cm未満 50NT
三辺の和が150cm以上 70NT

高雄駅には行李房の他、コインロッカーもある

有人の行李房だけではなく、新しい高雄駅にはコインロッカーもあります。

西門入り口側にあるトイレに行く途中にあります。台湾のコインロッカーは時間制です。

鉄道駅の場合は、たいてい3時間単位です。料金はロッカーのサイズで変わります。

 

以上で、高雄駅における、行李房とコインロッカー場所の案内になりました。どっちも時間だけは注意してくださいね。

また利用するときは「我想存行李( xingli ) 」と言うか紙に書けばOK。
つか傍にインフォメーションあるので、ここに日本語出来る人いればもっと楽かもしれない。(保証はしません)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-台湾旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2018 All Rights Reserved.