スポンサードリンク

スポンサーリンク

旅行

成田空港の帰国時免税店はまだ限定的だが今後に期待

更新日:

スポンサードリンク

帰国時免税店が2017年オープン

空港の制限エリアの免税店、免税で安くなるのは一部ですが、ブランド品から日用品まで様々あり、またお土産とかも種類が豊富で、買い忘れたときにはべんりですよねー。

入国するとき近隣諸国では出入国のときに免税店で買い物ができますが、どーも日本だけは出国時のみしか利用できませんでした。

それが2017年度の税制改正(関税法通達の一部改正)によって、入国時にも免税品を購入できることになりました。

そうして先陣を切ったのは2017年09月01日、第2ターミナルに「到着時免税店」がオープンしました。

「到着時免税店」は成田空港第2ターミナルに続いて、12月15日に第1ターミナルの北ウィング、12月01日に南ウィングと第3ターミナルは11月15日にオープンしました。

年末年始のシーズンになんとか間に合ったようです(笑)

帰国時免税店

今回、台湾からの帰国したときのターミナルが第2ターミナルでしたので、帰国時免税店に寄ってみました。

正確に言うと、見るまではすっかり忘れていました。これが帰国時免税店なのね~と、興味深々でお店にはいりました。

と言っても、まだ帰国時免税店で扱っているのは外国産の酒類とタバコばかりでした。

<お酒、ワイン・スピリッツ>
JOHNNIE WALKER・CHIVAS REGAL・Ballantine's・ROYAL SALUTE / シングルモルト各種・Hennessy・REMY MARTIN・PATRON・KRUG・Dom Perignon・WINE・茅台酒 他
<たばこ>
Marlboro・iQOS・KENT・KOOL・LARK・LUCKY STRIKE・AMERICAN SPIRIT・VIRGINIA SLIM・中華・玉溪・雲煙・Davidoff Cigar・COHIBA・CAFÉ CRÈME 他

辺り見回してもお酒とたばこのみ。iQOSは本体と一部売銘柄が切れの品目がありました。(見にくいけれど左下の台のところ)

平日でしたので、長期休暇シーズンだと売り切れ続出しそう。

販売が外国産のみとなっているのはよくわかりませんが、帰国後の税収を考えてなのでしょうか?

訪日観光客および2020年のオリンピック対策の一環でのオープンですが、これからもう少しお店が増えるでしょう。

免税店も必要ですが、なにか飲み物欲しいとかメモや筆記用具などちょっとした生活用品や雑貨を購入できる店があるといいなと。

冬の時期なら使い捨てカイロが欲しくなりますし、あつーいときは冷たいものが欲しくなりますよね。

出てから買えという声も聞こえそうですが、日本人ならともかく、初めて訪日した外国人にとっては便利だとではないかと思われます。

帰国時免税店 Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREEの場ある所は?

第2ターミナルについては、イミグレーション直前にある検疫検査場の直前にありました。

NAAホームページより引用

検疫検査場の真ん前にポツンとお店があるので、見逃すということはないでしょう。

また第1ターミナル北・南ウイングの帰国時免税店は、検疫検査場及び入国審査場を通過して、 税関検査場の横です。


NAAホームページより引用

第3ターミナルは、受託手荷物受取所から税関検査場の間です。


NAAホームページより引用

営業時間はそれぞれ、初便から最終便到着までのようです。(なんで公式に営業時間ないの)

まだ取り扱い品目は少ないけれど、これからに期待!

今後は羽田空港や関西国際空港にも設置される予定です。

帰国時免税店で購入したものについては、出国時や渡航先で購入したものと合算して、規定以内であれば免税を受けられます。

が、超えたら税申告が必要となりますのでご注意ください。

それではよい旅行!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2018 All Rights Reserved.