スポンサードリンク

スポンサーリンク

モバイル

SONY NW-ZX300をいじってきたレビュー

更新日:

何かまたここに来てしまった。というのも、2017年09月05日にSONYが新しいウォークマンを発表していたんですよね。


SONY HPより引用

普段音楽を聴くのはNW-A10というモデル。電池持ちがよく、毎日の通勤程度なら数日バッテリーが持ちます。小さい&軽くて音も悪くはないです。スマホと兼用すると、バッテリー気にしなければならないので、基本的に別にしています。特に旅行だと、電源確保と浪費には気を使うところです。

A10からそろそろ買い換えたいと思って、ZX100を考えていたところにZX300の発表。

新商品はやはり気になるもの。発表された後ですが、もう展示しているということなので、ソニーストア銀座に行ってきました。

スポンサードリンク

SONY NW-ZX300スペック

まずはSONY NW-ZX300のスペックをざっと載せておきます。

本体メモリ 容量:64G
ディスプレイ 3.1型、WVGA(タッチパネル)
対応フォーマット MP3、WMA、ATRAC、ATRAC Advanced Lossless、FLAC、WAV、AAC、HE-AAC、Apple Lossless、AIFF、DSD、APE、MQA
BlueTooth Bluetooth 4.2対応
・使用周波数帯域 : 2.4 GHz帯 (2.4000 GHz - 2.4835 GHz)
・変調方式 : FHSS
・対応Bluetoothプロファイル
- A2DP、AVRCP
・対応コーデック : SBC , LDAC, aptX
aptX HDは11月VerUPにて可能になる予定
音質 S-Master HX、ハイレゾ音源対応、DSEE HX、ソースダイレクト、イコライザー(±20段階)、トーンコントロール(BASS/MIDDLE/TREBLE、±10段階)、DCフェーズリニアライザー(6種類)、ダイナミックノーマライザ
機能 USB DAC(要ドライバインストール)、NFC、リピート&シャッフル機能
電池 内蔵型リチウムイオン
充電時間
音楽再生時間 <有線接続>
・MP3 128kbps
ステレオミニジャック 約30時間
バランス接続 約25時間・FLAC 96kHz/24bit
ステレオミニジャック 約26時間
バランス接続 約23時間・FLAC 192kHz/24bit
ステレオミニジャック 約23時間
バランス接続 約20時間・DSD 2.8224MHz/1bit
ステレオミニジャック 約19時間
バランス接続 約13時間<Bluetooth再生>
SBC(接続優先) MP3 128kbps
約25時間
LDAC(標準) FLAC 96kHz/24bit
約14時間
外形寸法 約57.3 x 約119.5 x 約14.8mm
重量 約157g
ヘッドホン実用最大出力
(JEITA 16Ω/mW)
ステレオミニジャック:50mW+50mW
バランス標準ジャック:200mW+200mW
※共にハイゲイン出力時
対応メモリーカード
microSD、microSDHC、microSDXC
付属品 USBケーブル/WM-PORTキャップ(2つ)/ヘッドホンジャックキャップ(ステレオミニ)/ヘッドホンジャックキャップ(バランス標準)/取扱説明書/使用上のご注意/主な仕様/保証書/製品登録のお願い

SONY HPより引用

発表日からSONY NW-ZX300を展示しているのでお触りする

さてNW-X300は発表後の9月6日から、ソニーショールーム、ソニーストア銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神にて先行展示が始まりました。お近くの場合は、手に取って見れますよ♪

ソニスタ銀座へ行くと日産も!?

夕方にソニスト銀座のあるビルの1階に着くと、何かモノモノしい雰囲気。なんかスーツの警備員っぽい人が多い。先日置いてありました1階のGT-Rは居なくなっていました。

そこには新型リーフ?LEAF??
あぁ、こちらも新型なのね!

ビデオカメラを何台か見かけたり、1階奥ではTVのインタビューしているとろを見かけたので、恐らく今日プレス発表会なのでしょう。

と思っていてその日のWBSを見たら、インタビューされていたのは日産のシャチョさんでした。そりゃ物々しいわけですよ(笑)

ソニーストア銀座ではNW-ZX300イチオシ?!

SONY NW-ZX300と関係なくない?と思われるまえに4階に行きましょう。フロアに着くと試聴の列があったので、これに加わりました。

ZX300と共にその隣には、同じく新商品のNW-A40もありました。こちらはZX300を試聴後に、チラホラ触る人がいた程度でした。やはりお目当はZX300みたい。

あと奥の方で同じく新発売のBluetoothイヤホンの試聴コーナーが列になっていました。

列に並んで私の番に回って頃には、例の閉店音楽が流れていましたが、急がさされるということもなく、わりとゆっくりと試聴と外見ショットが出来ました( ^ω^ )

外見はぱっと見はZX100と似たデザインですが、表は物理キーがなく、その分黒い淵が間延びしているような感じです。

裏を見ると、ZX100でくぼんでいた分が盛り上がってフラットな面になっていました。大方の違いはそれくらいです。

あとはカラーがシルバーとブラックの2種類と、バリエーションが増えています。シルバーは前モデルのZX100ぽいですが、ブラックは見方によってはミニNW-ZX2っぽく見えます。

実際に聴いてみて、今で使っていたAシリーズよりも繊細な音が聞こえてきました。A10シリーズの出力だと05mW×2ch。ZX100であれば15mW×2chであったものが、ステレオミニジャック使用時で 50mW×2ch、 4.4mmバランス接続時はさらに200mW×2chとパワーアップされているので、当然ですね。

ただ音の奥行とかは、蛍の光にかき消されてしまったので残念。ただ買い替えとなるとA10からなので、かなり満足できそうです。

画面はZX100のキー操作からタッチパネルになっていて便利です。触って操作していると、物理キーの動作が一瞬もたつく感じでした。

再起動したら普通に使えた。まだこの辺りはファームのチューニング中のようで、発売時のファームはまた別になるそうです。

ニューモデルなのか、手持ちのイヤホンだけではなく、ストア側で用意してあるバランス接続用に用意されているイヤホンでも聴いて下さいと、試聴はかなり積極的でした。

NW-ZX300は以外にもお得?!

10月06日発売ですが、すでに予約はスタートしています。

本体価格は64,880の税別。クーポン割引を使えば、消費税は無いようなものなの。

たしかZX100販売開始時は、7万越えていました。機能がアップしてバランス接続可能でこの価格は、かなりリーズナブルかと思います。

スタッフの方に聞くと、MySony登録していれば、ソニーストアでの購入が10%OFFになるのでお得ですよー!と。人によっては、3年ワイドのクーポンか配布されているので、確認しておいて下さいと言ってました。

帰ったらID確認しておこう、と。

またソニーストア実店舗で予約・購入すると、更に500円のOFFクーポンももらえるんです。これかなりおトクな内容ですよね。

ZX300の気になるところ

再生できる連続駆動時間が減ったことは気になるところ。96kHz/24bitのFLACファイル再生で、バランス接続で約23時間、ステレオミニジャックでは約26時間、 LDACのBluetoothのときは約14時間の再生時間となっています。

その点はスタッフさん曰く、バランス接続モデルの中では一番長く電池が持つと、かなり自信をもって言ってまいました。

改めて考えると他社や他モデルのバランス接続機では一番長く再生できます。有線ならバランス接続でも起きている時間は持ちますし、最近ユーザの増えてきたBluetooh接続も約14時間もつので、あまり心配いらないのかも。

もう一つ気になるのは、ZX300ではノイズキャンセリング機能が省かれています。とはいえ、海外版では日本版と同じモデルのウォークマンモデルで搭載してない場合があります。ノイズキャンセルがあると音質が落ちるというという人もいて、その辺りはどうなんでしょうね?

聞き比べのため、重くて死蔵しているNW-ZX1が眠りを覚ます日が来たかもしれない。

他には、 本体に付属するUSB-AとWMポートの変換ケーブルをPCと繋げると、PC用のUSB DACとしても利用できるところが面白そうなところ。

ノートパソコンも一緒に外へ持っていけば、音楽だけではなく迫力あるMOVIEやゲームが楽しめそうです。

既にソニーストアでは絶賛予約受付中です。

ん?!買う気満々になってきました!⇒結局は購入してしまいました(笑)

ソニーストアで確認する http://www.sony.jp/walkman/products/NW-ZX300/
ソニーストア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-モバイル

Copyright© PHOTRAVEL , 2017 All Rights Reserved.