スポンサードリンク

スポンサーリンク

Photravel

ちっちゃいSONY RX0の実機を見て触ってきたレビュー

更新日:

SONY HPより引用

2017年09月01日にSonyは、1インチ搭載の小型カメラ「RX0(DSC-RX0)」を発表しました。

RXシリーズと関しているので、CyberShotシリーズの一員となっています。その小さなサイズと防水性と堅牢性を備えたボディは、アクションカメラを意識した立ち位置のデジタルカメラのように見えます。

けれどSONYとしてはアクションカメラではなく、これまでのRXシリーズでカバーできなかった撮影領域と新しいユーザを狙っているようです。

RX0はどんな感じのカメラなのかを見ていきましょう。

スポンサードリンク

RX0は小さなボディに高画質を濃縮し、防水堅牢性を装備

発売は10月27日で、ソニーストアでは9月6日10:00より先行予約ぎ始まるとアナウンスされています。店頭予想価格は8万円位と各メディアでは発表されています。

そんなRX0はどんなスペックなのか?

RX0の主なスペック

大きさは59.0×40.5×29.8mmという小さなボディ。

ここに1530万画素のメモリー一体型の1.0インチの積層型ExmorRS CMOSイメージセンサーと画像処理エンジンBIONZ Xを詰め込み、ZEISSテッサーT*24mmF4(固定)を搭載。瞳AFや顔認識を備えています。

その上に水深10mの防水性能(IPX8相当)と2.0mの落下耐久性(MIL-STD810G C1 Method 516.7-Shock準拠)及びSONY独自試験による200kgfの耐荷量という堅牢性を備えています。

最短撮影距離は50cmからと最短距離がやや長めな感じがします。

RX0の撮影性能は?

静止画のカメラスペックは、最高1/3200秒のアンチディストーションシャッター、最高約16コマ/秒の連写となっています。画像ファイルは、JPEGとRAW(SONY ARW 2.3フォーマット)となっています。

もちろん撮影モードはPやMモードにおまかせモードを備えて、カメラ寄りの機能が備わっています。

動画の方は、4K対応は別売りの外部レコーダーにて対応しています。単体ではAVCHDとMP4の1,920×1,080/60p(28M)に対応。

なおSONYご自慢の光学式5軸手ブレ補正は備わってないようです。残念(´・ω・`)

RX0を最大100台コントロール可能!?

Play Memories Mobileより最大5台まで連携した空く数台撮影ができるそうです。

また、別売りの電波式ワイヤレスコマンダー(FA-WEC1Mとマルチ端子用接続ケーブル)を用いると、最大15台でのリモートレリーズ撮影が可能となっています。

さらにアクセスポイントの活用で、最大100台接続できる予定だとか。

バレットタイム撮影ができるとなると、これは個人で「マトリックス」撮影を狙っているのか(笑)

センサー 1.0型ExmorRS COMSセンサー
映像処理エンジン BIONZ X
画素数 有効画素数:約1530万画素
総画素数:約2100万画素
レンズ ZEISS Tessor T*レンズ(6群6枚:非球面レンズ6枚)
24mm F4.0
撮影距離:50cm~
フォーカスモード AF-S、プリセットフォーカス、マニュアル
露出補正 ±3.0EV、1/3ステップ
ISO感度 125~12800
拡張ISO:80/100
シャッタースピード 1/4~1/32000秒(電子シャッター)
連写(最大画素数時) 速度優先連続撮影時:最高約16コマ/秒
連続撮影時:約5.5コマ/秒
※撮影モードにより連写できない場合あり
メディア microSD/microSDHC/microSDXC/メモリースティック マイクロ及び同マイクロ(Mark2)
記録フォーマット 静止画:JPEG、RAW(SONY ARW 2.3フォーマット)
動画:XAVC S、AVCHD規格Ver2.0準拠、MP4
動画音声:XAVC S・LPCM 2ch、AVCHD・ドルビーデジタル(AC-3) 2ch、MP4・MPEG-4 AAC-LC 2ch
入出力端子 USB2.0、HDMIマイクロ端子、マイク端子(3.5mmステレオミニジャック)
バッテリー NP-BJ1
USB給電及び充電 共に可能
バッテリー使用時間
(CIPA準拠)
静止画撮影時:約240枚/120分
実動画撮影時:約35分
連続動画撮影時:約60分
外形寸法
(CIPA準拠)
幅59.0×高さ40.5×奥行29.8mm
重量 約110g(バッテリー及びmicroSDカード含む、本体のみ:約95g)
付属品 バッテリーパック(NP-BJ1)、ACアダプター、microUSBケーブル、メモリーカードプロテクター、リストストラップ、取扱説明書他

SONY HPより

R0実機レビュー

ソニープラザにRX0が展示してあった

RX0が発表されて間も無い土曜日に、ソニーストア銀座にいってみました。地下鉄銀座駅を降りA3出口を出てすぐの4階です。

1・2階は日産が入っていて、GT-RnismoとGT-Rコンセプトが飾られていて、多くの人が写真を撮っていました。

ん?

目的が違う(笑)

ソニーストア銀座がある4階に移動すると、ブースの中にRX0が展示されていました。

昼下がりの土曜日でしたが、ストア内はコンスタントに入れ替わって試している感じでした。

RX0ファーストインプレッション

第一印象は

あらいゃだ、小さい!

思っていたより小さいボディです。

本体のサイズは59.0×40.5×29.8mmと、GoPro5 HEROより若干小さい大きさです。写真だけだと解り難いので、100円玉を横に置いてみました。

大きさからして、ちょうどレンズを覆う感じです。中華アクションカメラに近いかもしれません。

RX0本体は?

天上位は電源ボタンとシャッター兼録画ボタン。

背面は、1.5インチの液晶モニターと左側に記録メディアと入出力端子が備えられていました。ボタン結構小さいです。

バッテリーは液晶画面の左側からNP-BJ1を入れます。バッテリーの都合で、モニタ画面の横に入出力端子に移動し、それによって液晶モニターが小さくなってしまった感じがします。

PlayMemories Mobileから操作可能なので、設定操作はこちらからを想定しているのでしょうか。バッテリーは新型なので、今のところRX0専用。

底面は、三脚が取り付けられるネジ止めが備わっています。三脚以外に自撮り棒にも取り付けが容易ですね。

RX0の撮影

シャッターはメニューから無音が選択ができ、モニターで撮影を確認できます。

1.5インチの液晶なので少し見ずらく思うかもしれませんが、発色が良いので大きさの割には見やすく感じさせてくれます。

まだ発売前の調整中なのか、データの持ち出しはまだダメよなんでした。液晶で見る限り、GoProのような樽型の湾曲は見られませんでした。

このサイズでRXシリーズを受け継いだ画質であるなら、期待がもてそうです。普段からの持ち歩いていても、苦になりませんからね

ライバルはGoPro5?

CyberShotの一員に入ってるようですが、大きさはアクションカメラのカテゴリー寄りのサイズです。

GoPro5 HEROのサイズが62×44.6×32.7mmなので、実質的にはライバルになりそうです。

RX0の基本スペックは問題ないが価格と光学手振れ無しはウィークポイント

撮影スペックには問題なさそうですが、

・価格
・光学手振れなし
・絞りF4固定
・4Kはオプション

というところが気になることろでしょうか。

特に店頭予想価格が8万円弱とされており、光学手振れがない上に4K動画しようとするとオプション購入となりますので萎えてしまいます。

そのオプションも、フィルターが取付けられるアダプターが15,000円、ゲージが25,000円などと高めです。

単体で4K動画と電子手振れ防止がついているGoPro5 HEROが4万ちょっといったお値段。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-501-JP

1インチサイズのセンサーとZEISSレンズを搭載しているとはいえ、 RX100M3より高い強気な価格がネックになりそうです。

ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100V DSC-RX100M5

あと3万足せば、高いと思っていたRX100M5行けちゃう。ネットでの評判も値段にはネガティブで、なかには光学手振れに関しては出し惜しみではないかとささやかれています。

SONYのアクションカメラは、FDR-X3000に見られるように「小型ビデオカメラ」のような造形で、光学式5軸手ブレ補正があって4K可能。価格も4万半ばからのとなっています。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)

画素数はRX0の方が上ですが、FDR-X3000と比べてしまうと、ちょっと割高感がします。

1インチミラーレスのレンズキットの値段と光学手振れなしスペックを考慮すると、5万円台が妥当の様な気がします。予想通りの価格だと、GoPro5 HEROとsession買ってもお釣りがきてしまいます。

触ってみて質感もよく、コンセプトとしては面白そうで、出かけるときに1つあるといいなーと思えるカメラです。

ところが価格については、多くのユーザをためらわせているような気がしてなりません。

9月6日から始まる予約からに注視したいと思います。

ソニーストアで確認する http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX0/

ソニーストア

このお話はまだ続きがありまして、、、購入しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-Photravel

Copyright© PHOTRAVEL , 2018 All Rights Reserved.