スポンサードリンク

スポンサーリンク

台湾旅行

饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5

更新日:

中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです。元々混んでいた夜市ですが、その後どのような変化があったのか?

となりますとまだ少し時間もあるので、中山に行くプラットホームから松山へ行くプラットホームに移り、開通後の饒河街夜市の様子を見に行くとこにしました。

スポンサードリンク

饒河街夜市へ到着

松山に着いて地上に出ると、いつものように饒河街夜市人多すぎ、というのが着いてからの第一印象。饒河街夜市は、士林夜市と併せて台湾を代表する夜市なので、必ずガイドブックには載っています。そのためかいつでも饒河街夜市は混雑しています。

士林夜市はエリアが広いので、大通りや屋台通りから外れれば、少しは空いています。これに対して、饒河街夜市は400m程ある一本道の両側に商店、真ん中に屋台がある通りとなっているのです。そしてここに人が集まるので、集中して混雑してしまいます。

とはいえ、この一本道を往復すればもうお腹いっぱいなくらいの屋台やお店を見回しながら散策できます。割と昔ながらの夜市風景を演出しているのです。このあたりはさすが観光夜市ということでしょうか。

入り口の脇にはお寺がずどーんと構えていて、その横の門をくぐりますが、ここですぐに洗礼をうけます。胡椒餅の長蛇の列。ここのお店は、いつもどーりといいますか平常運転の長蛇の列。

この長蛇の列も既に饒河街夜市の観光名所というか、風物詩になってもいるような気もしなく。郷に入ればではないですが、混んでいても一度はここで並んで、胡椒餅を購入しましょう。皆出来上がりをワクテカして待っていますよ。ウマいですし。(出来立ては肉汁の舌火傷に注意。いつもやってしまう←食いしん坊w)


入り口がこんな感じですので、奥に進むのは難儀であり、のっけから身動きがしにくいです。既に夜の時間ともあって、どの飲食店も混んでいる様子です。

一度饒河街夜市の反対側出口へ進みます。混んでいますが、きれいに右側通行で進んでることもあり、詰まることはありません。止まるとちょっと邪魔になりますがw

戻った帰り道にマンゴーかき氷屋があったので、そこで休憩とします、いや疲れた。で、120元のマンゴーかき氷を頼んで出て来たのは、、、マンゴーちょっと少ないかもw今年(2016年)はマンゴー不作と言われているので、これは仕方がないのかと。そのせいか、やけに氷の部分が多いような気がするのですが、、、


マッハでマンゴーの果実を消費しまうと、あとはかき氷inミルクの山をひたすら消費するのみです。となりに日本人親子がいて仲良く食べている。暑い中で氷を食べるのもこれまたあたまにキーンときてキツくて、残したくなります。

が、隣では子供に色々マナーを教えながら食べているので、ここで出るのは忍びなく、ここは黙ってひたすら氷を減らしていくのです。けど、残り1/3程度まで達したところで、さすがに途中で根を上げました。ママさん大変申し訳ない。

饒河街夜市までの交通

台湾鉄道 松山駅下車 徒歩5分
MRT松山線 MRT松山駅下車 5番出口出てすぐ

中山→林森北路・BAR1000

すでに21時を過ぎていたので、饒河街夜市から林森北路まで戻るのです。MRTに乗れば、中山方面まで一本なのは楽々。時間が遅くなってきたのか、行きに比べると空いています。中山まで来ると、やはり混んできました。

なおこの後BAR9に戻ったら、ジュースやカットフルーツなどは、シエーナさんと従業員が美味しく頂いていたようです。

ちょっとは残しておいてよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

さて今日はこの後に、bar1000にも寄ってみたのです。そしたら、以前choie6にいたデミッ子が、彼女のお姉さんと一緒に遊びに来ていました。「今日はねーさんとデート中」だそーで、たまに姉妹で出かけて、飲んだり食べたりしているそうです。お姉さんも日本語喋れるので会話は心配なく、私的にものすごくありがたや〜。

更に言うとご両親も日本語喋れるため、家の中では日本語でよく話しているようです。
例えるなら、日本で家に帰ってきたら、ずっと英語で話しているようなものでしょうか。ある意味すごいわ。

老師のセンさんは当然日本語を喋れますし、従業員の方も日本からワーキングホリデーで来られた方なので、皆日本語が共通語。この場は正にリトル日本と化していて、「ここ台北だよね、中国語なに?」という気分なのです。
台湾になれるとあまり中国語を使わなくても過ごせちゃいますので、私の中国語ボキャは減る一方です(´༎ຶོρ༎ຶོ`)。そもそも、そんなに中国語を知っているのか?というのは聞かないで下さい 笑

後でBar9に戻り、ほぼ飲んだくれでホテルに帰っていくのです。モヒート3杯ほどですが、、、弱いw

以前は台北駅のドミトリーによく泊まっていたので、飲んだ帰りは辛かったのです。たまに小雨が降る中を台北駅方面まで歩いて帰ったこともありますし。(ちょっと怖かったかも)

今日はJustSleep林森に泊まっているため、bar9からものの数分で帰れて、ものすごーくラクチンです。

心配なのは、明日は朝から遠出する予定のため、朝早く起きれるかどうかが心配。とりあえずスマホのアラームをセットして就寝します。

おやすみなさい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-台湾旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2017 AllRights Reserved.