PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

台北に到着できました~2016夏台湾旅行記

October 9, 2016
スポンサーリンク

桃園国際空港第二ターミナルのロビーにて

制限エリアを出ると、スターを待っていた大群が。。。なんてことはなく、ツアーでの待ち合わせや呼び止めでごった返していました。
taiwan082502-60一昨年ぐらいまで行っていたニューアル工事によって、 出口前ににどーんとあったベンチ群は殆ど撤去され、すぐに左右行どちらも行けるようになりました。

それまでは制限エリアを出たら左一方向に進められて、バスに乗るのためには奥で一回Uターンするという奇怪な経路でした。そのUターンする辺りのベンチには、柿人間のオブジェがあったなぁと。いつの間に居なくなってしまいました。どこへ行ったのだろうと、いまも気になって眠れません。

空港内は冷房が効いていて過ごしやすいのですが、空港の外へでるとやっぱり「暑い」しばらくすると、じとっと汗が出てきます。
taiwan082502-27第二ターミナルビルはぐるっと徒歩で回れたのですが、第三ターミナル建設のため、喫煙所からの一角の歩道が通行止めになっていました。バス乗り場は反対側にあり、特に何かに使われてなかったような気がするので、まったく害はありませんが。中に戻って冷気に触れると生き返った心地。さて、これからバス乗り場へ向かいます。

バスで台北駅までGo!

taiwan082502-30バス乗り場は、先ほど出てきた制限エリア出口から右に進み、売店のある角を曲がって行きます。さらに先へ進むと、バスチケット売り場へ着けます。少し歩かされてる感がありますが、第一ターミナルと比べれば歩く距離は短いと思います。
taiwan082502-51ここで国光バスのチケットを購入して、台北駅まで向かいます。少し混雑した窓口をみて、いや~な予感がしならがバス乗り場へ向かうと、またもや長蛇の列。

前座なしの直球勝負で苦言を呈する。

夜とかはいつも混んでいるのですが、この日は昼間から混んでいるようです。
taiwan082502-53列は空港ビルの角を曲がった先まで続いており、この列の最後尾に着きました。(単におまいの運がないともいえます)

MRT桃園線ができるまでは、まだまだこんな状況が続くのでしょうか。

taiwan082502-55待っている間に持っていたバウチャーカードを使って、中華電信のプリペイドSIMカードにリチャージとネットプランを選択します。
taiwan082502-43自動音声の電話先に掛けてバウチャーカードでリチャージし、別の番号に掛けて3日間使い放題プランを選びます。設定が終わった後、SMSが届けば手続き完了です。20分ぐらい待ったような気がしますが、リチャージしている間に列はドンドン進んでいっていました。リチャージのやり方についてはこちら。

発射した時点では若干の空きがありましたが、第1ターミナルに寄った時点でほぼ満席となりました。車内から台北に向かう途中で友人に連絡をして、市内に入るまでは寝ていました。意識が戻ったのは、民権西路付近でした。夕方・夜便だったり羽田便で台湾入りすることが多かったので、明るい時間帯の街並みは少し新鮮に感じます。
taiwan082502-56台北駅には14:15頃に到着しました。駅前のバス停は工事をしていたので、いつもの停車位置より若干南寄りが下車位置になっていました。

パンダフル台北!

3ヶ月弱ぶりの台北到着~ぅ!

中山までの道のりは長し

湿気を感じなかったので空港にいたときのムッとした暑さはなく、都内とさほど気温が変わらない気がしました。まぁ、暑いことには変わりはないので(笑)。
taiwan082502-31と、なんかまったりしていますが、この時点で、まだ今日の宿が決まってなかったのですよ!明日からは決まってますが。

今日は友人が用意してくれる手筈なのです。なのでその友人についたことを連絡したのです。そしたらそしたら住所教えるので、中山駅からタクシー乗ってきてくれとの返事がありました。

えっまじ(;゜∀゜)で!
どこに連れていかれるの、わたくしw

なので、てくてく台北駅の中へ進んで行きました。

ここからMRT淡水線に乗ってとなりの中山駅まで向かいます。1駅なので中山まで続いている地下街を歩いて行けなくもないのですが、重量級のスーツケースがあるので、ここはおとなしくMRTに乗っていきます。

駅入り口からホームまでは歩くものの、1駅ということもあって中山駅へはすぐに着いてしまいます。改札を出て、友人から指定された地上出口へ進みます。 外へ出て、改めて目的地をGoogleマップで調べてみると、場所は林森北路の手前ぐらいじゃないですか。昔Bar18があったところの近く。
taiwan082502-32もう少し分かりやすく言いうと、一部の人に有名(笑)な「金年華三温暖」というサウナの傍。歩いて行っても、10分もかからずに行くことができますよ。そうなれば慣れた場所なので、重い荷物でも歩いて行けます。

旅人日誌青年旅館 ザ・パッカーズホステル

packers-27そんなこんなでやっと着いたのは、今日のお宿は「旅人日誌青年旅館 ザ・パッカーズホステル」という名前のところで、去年この中山地区にできたばっかりのカプセルホテルです。ここは待ち合わせをした友人とは、BAR9のシエーナ。ここまで歩いてこさせられた犯人はこの方です。
taiwan082502-44暑いからタクシーで来ればいいのにと呆れられていました。だって場所わかるのですもの。当人は暑い中、愛猫とじゃれていたようですが 笑

受付は中国語と英語のみなので、細かいところはシエーナにお任せしました。細かいところがわからなかったので、内心、ホッ。宿泊代は750元にタオル50元と歯ブラシ20元が追加。あとはパスポートを見せて受付完了。寝室は3階だそうです。チェックインの時間は16:00からなので、受付奥に荷物を預かってもらいます。
「旅人日誌青年旅館 ザ・パッカーズホステル」はこんなところです。

 

taiwan082502-42その後はしえーなのバイクの後ろに乗って、また新たに出かけるのです。
行先は林森北路のBar9方面。

昼間から夜の街に何しに行く! むふふ!?
生きていたらつづく

スポンサーリンク

最近の投稿

リムジンバス深夜便の成田空港行を使ってLCCに乗りに行く
LCCって気楽に遠出できていいですよね。直前に予約したのですが、成田から新千歳までが1万3千円程でした。それでも10年くらい前のAirDOやスカイマークの片道運賃よりも安いんじゃないかと。(たしか1万5千円前後くらいだったような、けっこう昔...
PORTABOOK XMC10が突如の値崩れ!7万OFFの2万円ちょいだから買ってきちゃった
去年の今頃、KINGジムからWindows版ポメラと言うべき、「PORTABOOK XMC10」が発売されました。 分割キーボードを背負い込んでいたので、一部からはバタフライPC・ThinkPad701の再来か!などと言われたものです。アス...
台北林森北路ど真ん中にある「ジャストスリープ 林森」 Just Sleep Hotel Lin Sen
この前台湾に行ったとき、最近台湾旅行で人気急上昇のホテル「ジャストスリープ 林森」に泊まってみました。そのときのレビューをしまーす。 ジャストスリープはどんなホテル?! 広さは台湾の狭いビジネスホテルといい勝負です。ですが、ここジャスト・ス...
ウォーターマークホテル札幌をHISの宿泊プランで使ってみた。すすきの繁華街も近くて便利!
国内で遠出で宿泊するときは、往復+宿泊プランを利用すると、かなーりお得に移動ができますよね~♪ 先日、HISで北海道・札幌の飛行機往復宿付きで予約を取ったときは、関東発LCC系だと15000円位、スカイマーク系が2万円ちょっとから、JAL・...
留萌本線留萌ー増毛各駅停車
平成28年12月4日をもって廃止となる留萌ー増毛間の駅の位置をまとめてみました。廃線後はマップから路線と駅が消えてしまうので、各駅の備忘録です。 留萌-増毛間の時刻表とかトクトク切符・記念切符などは前回をご参照して下さいね。 留萌ー増毛間の...
More
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧