PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

最終WEAPON Nikon D5がやってきた!ニコン D5購入と開封レビュー!

August 29, 2016
スポンサーリンク

先日新しいカメラをどうするか考えていましたが、

結局買ったのは・・・・

 Nikon D5 
ε=ε=ε=ε=ε=\___○ノ ヒャッホーウ!!

8月22日に購入してきました。
購入前はWebで何度も同じレビューを見まわし、箸にも手が付けられない日々でしたが、手にしてしまうとガクガクブルブルです。

スポンサードリンク

 ニコン D5を選択したのは?

もっとも始めからNikon D5としようとは思っていませんでした。Nion D5は見ての通り重いので、旅行とかには毎回持っていくのには大変です。持ち運びに手軽なD500も視野に入れて検討していました。
Nikon_D5_600


ところがなんですが、よくよく考えてみると元々Nikon D750を持っているので、Nikon D500だと連写速度と造り以外はやや用途が被るんですよね。Nikon D750自体はとがった所は少ないのですが、トータルで比べると平均点以上の性能を有していて、写りや機能がよいのです。まだまだ気遠出とかに活躍してくれそうです。
Nikon_D5-12-1そうなると、Nikon D5しかないと日々思いが駆け巡りまして、ブログ書くところではありません(笑)。お盆を過ぎた頃になると、価格も少し下がってきたのが一層思いが駆り立ててしまいます。値段を見ると量販店価格は75万もして高額なので買えないとため息が出てしまいます。

ところがちょっと考えを変えてみて、最近家で眠っているD800Eを下取りにすれば、何とか手が届きそうな感じでした。D800Eは高画素モデルで写りはいいのですが、出かけるとき気軽に持って行けるNikon D750に活躍を奪われてしまっていたのです。

 いざニコン D5を購入へ

Nikon_D5-1

購入したのは、中野にある写真好きには有名なフジヤカメラ。初めは荻窪にあるカメラ屋で購入しようと思いっていました。ところが電話で聞いてみると、初めは同店のネット価格より高い金額を提示され、それを指摘するとしぶしぶ同じにしてくれました。

ところが取り置きをお願いしようとしたところ、クレジットカードが使えないとのこと。休日なので購入金額分を銀行で引落すことはできないので却下(普段やネット通販では利用可)。

下取りのカメラは、ここで買ったんだけどな~とおもいつつ、気を取り直してネットで検索していると、フジヤカメラで下取り査定20%増々キャンペーンがやっているじゃないですか。しかもこの日が最終日。ちょっと覗きに行くことにしました。

 ニコン D5を求めて中野へ

急いで店舗へ行ってみると、Nikon D5はXQD・CFモデル共に在庫がありました。そして気になるお値段は約62万円と価格COM最低とはそれほどかけ離れていません。

しかもしかもなんですよ、この日はなんか付いていたようで、店頭価格の札から更に2万引きのタグが付いていたのです。

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
Nikon_D5-2

つまりつまりですよ、60万ちょっとのお値段!これは価格COMブッチギリの安さです。しかも店員さんに聞いてみるともちろんクレジットカード利用はOKでしたので、もう即決です。

購入するモデルは、カード速度が速いXQDモデル。CFも所有していましたが、持っているのか大抵16G以下なので、高速連写を生かすためにはCFを使い続けるのは意味がないと考えました。とはいえXQDメモリカードは高い。Amazonでも64Gが1万円以上しています。

ですが、ちょうどこのとき店頭来店記念と言って、Sony XQD Mシリーズの64G(QD-M64A)が価格COMより安い9980円となっていました。もちろんXQD用のカードリーダー付き。書込みが少し遅くなりますが、もう少し値段が下がったときに、Gシリーズなどの最高速買えばいいでしょうと、Sony XQD Mシリーズ 64G を2枚購入しました。(Solt1をRAW、Solt2をJPEGとして分けて使ってます)

Nikon_D5-3

その場で下取り査定をお願いしました。もともと中古カメラやレンズが安いお店なのですが、その分査定も渋いとかの話を聞いていたので、査定結果がどのように出るかが気になりました。

20分程時間がたった後に戻ると、、、ほぼ上限に近いAB+査定の12万円超。査定結果は、軍艦部にわずかにスレがあるとのことで、A査定とは1000円程度違うとの説明を受けました。しかもヤフオクの相場と同じくらい。シャッター数が3300ショットが14万位で落札されていたので、少し低い程度と思われます。

即座にOKで下取りをお願いし、Nikon D5がやって来ることになりました。Nikon D800Eよ、今までお疲れ様でした。

 ビックロでのニコン D5の価格を見に行く

帰り道は、ぶつけて壊さないとか襲われないか(笑)とか、かなりびくびくしながら帰宅しました。そんな中で帰り途中、ビックロに寄ってみました。値段が安くなったのはどうしてだろう、モシカシテ、、、。ちょっと確認したかったのです。

そうしたら、税込69万円ですか、そうですか。週末前位までの75万円からは流石に引き下げて、価格COMよりポイントを丁度上乗せした位の値段で売っていました。

 ニコン D5開封

帰ったら開封の義です。
Nikon_D5-5-1

D800Eより一回り大きく、D750のレンズセットと同じくらいの箱のサイズです。開封すると、まずは取説と保証書などの書類とストラップがあります。段ボールの仕切りでそっけなく、iPhoneみたいなドキドキ感の演出はありません。

フラグシップ機なので、もう少し演出してもいいのではないかとも思うのですが、商用プロには、飾りは不要とも取れます。
Nikon_D5-13

取説は辞書のように厚いです。これ覚えられるのか?!
Nikon_D5-7そして仕切りを外すと、ご本尊、いやいやD5本体が横たわっていました。本体を取り出すと、ファーストインプレッションはズッシリした重さを感じました。
Nikon_D5-14-1横にある白い箱には、バッテリー(EN-EL18a)と充電器&コード、 、 USBケーブル、ケーブルクリップ、ホットシューカバーが入っています。バッテリーが2つ同時に充電できるので、充電器がものすごく大きい。旅行でもっていくときはデカすぎるので、予備電池を購入するしかないのかな。

Nikon_D5-11

社外品で1つ用の充電器があるか後で探してみよう。それでもバッテリー自体がデカいので、あってもあまり大差がないかもしれません。
Nikon_D5-15
さて今回購入したNikon D5ですが、この数日後に台湾に行く予定になっています。シェイクダウンはD750と同じように台湾で使うこととなりました。

次回以降の旅行記にて、D5の写真が大活躍してくれます。(と思います)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧