PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

台湾旅行のプリペイドSIMカードは中華電信がおススメできる3つの理由

July 18, 2016
スポンサーリンク

空港で入手し易い中華電信

chtel 台湾旅行でプリペイドSIMカードを入手できれば、旅行中の連絡や検索がすぐできるので、できれば買っておきたいです。プリペイドSIMカードは空港で入手するのが一番手軽でお得です。例えばLTE(4G)契約であれば、空港契約だと無制限となってかなりお得です。

 お勧めできる中華電信

空港に着いたら、プリペイドSIMカードを入手することになりますが、現在購入できるプリペイドSIMカードは次の5社がひしめきあっています。

  1. 中華電信(Chunghwa Telecom)
  2. 台湾大哥大(Taiwan Mobile)
  3. 遠傳電信(FarEasTone)
  4. 台灣之星(T STAR)
  5. 亞太電信(Asia Pacific Telecom)

どれを選ぶかが迷いますが、店が制限区域にあるなど分かりにくいこともあったり、サービス提供している電波の規格やバンドが日本と異なっていたりします。予め調べてそれに対応するスマートフォンを用意するのも手間になるので、お勧めできるのは「中華電信」です。
201606taiwan29

その理由は

  1. 空港での入手が容易
  2. 日本語サポートが充実
  3. ドコモとSBと同じLTEバンドが存在

 空港での中華電信受付カウンター

中華電信のプリペイドSIMカードは、街中のキャリアショップ以外に、次の空港でも購入することができます。

  1. 台北松山空港
  2. 桃園国際空港
  3. 高雄国際空港
  4. 台中空港
201606taiwan27

台北松山空港にて

日本から到着する空港で、大阪からの台南便以外は全て網羅しています。他社の場合は、殆ど桃園国際空港しかありません。最近多くなった高雄便ですが、高雄国際空港では中華電信が昔からあることもあってか、日本語対応が積極的です。最近台湾大哥大のカウンターができたようです。(遠傳電信は代理店がSIMを販売)また羽田便と沖縄からの台中便は、台北松山空港・台中空港となるため中華電信のみとなります。
キャリアショップであるため、SIMを紛失したり、SIMロックをかけてしまったときの解除についても、空港にあるショップでも対応が可能です。

深夜・早朝の時間のため、桃園国際空港でプリペイドSIMカードが入手できなかった場合、台北から一番近いのは台北松山空港となります。制限区域外にあるため、早朝に買い求めに行くことができます。

中華電信プリペイドSIMを購入する

 中華電信のプラン一覧

LTEサービス開始は後発なのですが、最近はエリアも広がっています。元々国営企業ということもあって対応が遅れ目ですが、エリアや料金は他と比べて遜色ありません。

プランタイプ プラン内容 料金 無料通話
A 3日型(72時間+WiFi) 300NT 100NT
B 5日型(120時間+WiFi) 300NT 50NT
C 5日型(120時間+WiFi) 500NT 150NT
D 7日型(168時間+WiFi) 500NT 150NT
E 10日型(240時間+WiFi) 500NT 100NT
F 15日型(360時間+WiFi) 700NT 100
G 15日型(360時間+WiFi) 800NT 250NT
H 30日型(720時間+WiFi) 1000NT 430NT

 プリペイドSIM契約に用意するもの

  1. SIMフリー携帯・スマートフォン
  2. パスポート
  3. 免許書などの写真付き証明書

SIMフリーかSIMロック解除のスマートフォンを用意します。日本キャリアのロックがかかった端末は事前に解除しておきましょう。羽田や成田・関西空港では、空港内キャリアショップがあります。無い場合はSIMフリーの端末を入手しておきます。

パスポートは持っているはずなので問題ありませんが、免許書や学生書などの顔写真付きの第二証明書が必要です。空港購入であれば第二証明書がいらないことがあります。

 チャージやプラン選択の音声ガイドは日本語対応

cht-5

中華電信HPより

というかですね、中華電信さん、日本語のサポートページまで作っています。
https://www.twgate.net/prepaidcard/product_jp.html
こちらを見ておいてと言えばいいのかもしれませんが、案内は続きます。

 プリペイドSIMを購入した後

プリペイドSIMカードを買い求めて、SIMが付属したカードを受け取るとプランやAPNの設定方法が書かれていますが、中華電信の場合は日本語の説明が記載されたカードになります。

アクセスポイントは、SIMによっては自動設定されますが、されない場合には、APNに「internet」、接続名やパスワードはなしで設します。

またリチャージやプランを追加する場合は、キャリアショップでの追加もできますが、自動応答の電話からも可能です。その際、中華電信の場合は日本語での対応が可能です。

 リチャージの番号は「928」

リチャージをする場合は、928(もしくは「*101*2*」)をプッシュして電話すればOKです。最初英語の場合があるかもしれませんが、最初の案内で「日本語の場合は~」という言語切り替えのアナウンスが流れますので、そのときに日本語に対応する番号をプッシュすればすぐに切り替わります。
928では、ガイダンスの際に次の番号をプッシュすると、次のことができます。
「1」残高及び有効期限を参照
「2」リチャージ(積増し入金)
「4」使用言語切替(1中国語、2英語、3日本語、4タイ語、・・・)
「9」スタッフとの応対

 自動音声によるプラン選択は「539」

再台のとき、空港でリチャージする時間がなかったり深夜早朝だったとき、リチャージ等で残高があれば、自動音声でデータ通信のプランを選択できます。ガイダンスの始めは英語ですが、途中で日本語対応の案内(いきなり日本語で始まるw)があり、途中で日本語に切替えられます。
その後は音声案内に従って、プランを選択すれば、15~30分位の間にSMSで開始の連絡がやってきます。

 中華電信のWi-Fiも使える

台湾国内に50,000個を超える中華電信のWiFi ネットワーク「CHT Wi-Fi」も使えます。台湾内には結構無料Wi-Fiありますが、あれば電話回線よりも速い速度でアクセスできますので、覚えておくといいかもしれません。。
購入した中華電信のプリペイドSIMカードより「5397」へダイヤルし、認証します。15分後に使用が可能となります。

 ネット事前予約

cht-4

中華電信HPより

以下の中華電信のホームページでプリペイドSIMカードを予約することができます。

中華電信オンライン予約ページ
受渡しは台北松山空港、桃園国際空港(第1ターミナル・第2ターミナル別)、高雄国際空港、台中空港を指定できます。
予約は受取日の14日前から3日前まで。支払いや証明書確認は現地にて行います。

 対応バンド

SIMフリー端末でも、対応する携帯やスマートフォンでないと、通話や通信が利用できません。中華電信では、Band3・8のLTE通信に対応しています。当然ながらSIMフリーやSIMロック解除を行っていても、Band3やBand8に対応していないスマートフォンは、中華電信のLTEを利用できません。
けれども、Band3はドコモ、Band8はソフトバンクが使用していますので、キャリアスマートフォンでも対応していれば、SIMロック解除のスマートフォンでも利用ができます。

3Gは2G帯を使用していますので、auを除くほとんどの3G携帯やスマートフォンが対応しています。(auでもw-cdmaに対応している端末が一部あります)

 空港での中華電信プリペイドSIMカード売場

 桃園国際空港

営業時間:07:00-22:00
cht-m 第一ターミナルでは、受託手荷物を受け取って到着出口(1F)より右側に曲がって進むと、カウンターがあります。
cht-2 第二ターミナルでは、到着出口を出て左に曲がります。角を左に曲がった真ん中の辺りにカウンターがあります。

台北松山空港

営業時間:07:00-23:00
cht-m 到着出口を出て突き当たりの案内所を左に曲がって進みます。台湾のクロネコヤマトが見えれば、その奥にカウンターがあります。

 高雄国際空港

営業時間:08:00-22:00
到着出口を出てすぐ前の辺りにカウンターがあります。

 台中空港

国際線の到着出口をでてまっすぐ出発フロアを向かう途中です。
営業時間:10:00-22:00 年中無休

 プリペイドSIMの設定の注意点など

基本的には自分でSIMを取り付けて、アクセスポイントを設定します。なお、言語表示を英語にしておくと、店員さんがSIMの取り付けやアクセスポイントの設定をしてくれることがあります。

ただし、ほとんどの場合は善意で行っていることなので、店員さんが取り付け・設定を行っても、購入者の自己責任となります。

日本だけが手取り足取りの対応が異常なのです!

最後はちょっと厳しくなりましたが、台湾旅行中のすばらしいネット生活をお過ごし下さい。

スポンサーリンク

最近の投稿

アメックス・メンバーシップリワードプラスの改定になげく
最近、お出かけや購入でポチりした出費が激しくてヤバい気がしているPhotravelです。特に今週はAmazonのCYBER MONDAYでまじでしゅごぃことに。 もちろんお支払いはカードでの決済となり、忘れたことろに悲鳴の挙がるご請求がやっ...
リムジンバス深夜便の成田空港行を使ってLCCに乗りに行く
LCCって気楽に遠出できていいですよね。直前に予約したのですが、成田から新千歳までが1万3千円程でした。それでも10年くらい前のAirDOやスカイマークの片道運賃よりも安いんじゃないかと。(たしか1万5千円前後くらいだったような、けっこう昔...
PORTABOOK XMC10が突如の値崩れ!7万OFFの2万円ちょいだから買ってきちゃった
去年の今頃、KINGジムからWindows版ポメラと言うべき、「PORTABOOK XMC10」が発売されました。 分割キーボードを背負い込んでいたので、一部からはバタフライPC・ThinkPad701の再来か!などと言われたものです。アス...
台北林森北路ど真ん中にある「ジャストスリープ 林森」 Just Sleep Hotel Lin Sen
この前台湾に行ったとき、最近台湾旅行で人気急上昇のホテル「ジャストスリープ 林森」に泊まってみました。そのときのレビューをしまーす。 ジャストスリープはどんなホテル?! 広さは台湾の狭いビジネスホテルといい勝負です。ですが、ここジャスト・ス...
ウォーターマークホテル札幌をHISの宿泊プランで使ってみた。すすきの繁華街も近くて便利!
国内で遠出で宿泊するときは、往復+宿泊プランを利用すると、かなーりお得に移動ができますよね~♪ 先日、HISで北海道・札幌の飛行機往復宿付きで予約を取ったときは、関東発LCC系だと15000円位、スカイマーク系が2万円ちょっとから、JAL・...
More
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧