PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

3000円以下から気軽に試せるLEDライト~Mcoplus LE-130

July 17, 2016
スポンサーリンク

光ネタ第2弾!というわけではありませんが、LEDランプを購入してみました。


最近では3000円位で明るい光を灯せるとなると、ちょっと試してみたくなるものです。
LEDライトであれば、カメラやビデオ以外にスマホとかでも使えそうで、色々汎用性がありそうです。

購入したのは「Mcoplus LE-130

」です。届いたものは赤と黒のパッケージです。
photoflash-1

Mcoplus LE-130スペック

仕様は次の通りです。

仕様 詳細
LEDの量 130
ルーメン 800LM
色温度 3200-5500K(調節可能)
平均寿命 50000時間
電圧 DC 5.5-9V
功耗 <9W
サイズ 150*98*51mm
重量 350g
パッケージサイズ 180*65*180mm
梱包物 1.LEDビデオライト
2.フィルター
3.バッテリーコンパートメント
4.説明書

Mcoplus LE-130開封

箱を開けると、LEDライトがドーンと鎮座しています。右上は本体とシューの間に着けるアダプタです。
photoflash-5

右下はカメラバッテリのアダプターです。下記のバッテリーを装着できます。

LE-130に装着できるメーカーバッテリ型番

canon LP-E6
Nikon EN- EL15
PANASONIC CGR-D16S
SONY NP-FH70・NP-FM55H・NP-F550

対応するカメラを持っていて、複数バッテリーを持っていれば流用できますので、これはいいかもしれません。
photoflash-3

バッテリー以外に単三電池6本で使用することができます。Amazonで年末に買った
photoflash-10これが役に立ちました(笑)

フィルターは白とオレンジのものが付いています。

早速、カメラに取り付けてみましょう。
photoflash-9

モデルはNikon D800E。同じくらいの大きさかなって感じがします。ストロボのホットシューに付けてみると、思っているよりかはバランスは良い感じです。(単三6本入っていますからね))
photoflash-6裏の右上にあるロータリーを回すことで、スイッチのON/OFFと明るさを調整できます。単純でお手軽ですねぇ。

Mcoplus LE-130の測光範囲を確認

photoflash-12

取り付けて照らす範囲を見てみます。撮影ボックスでは十分な明るさです。これを横から見てみますと、
photoflash-15こんな感じで、まずまずの照らし具合です。前回のストロボの記事を覚えていらっしゃいますでしょうか?この時機器を照らしていたのは、LE-130です。
photoflash-50もう一度登場願いましたw

下から投影ですが、いい明るさです。スタンドに固定できれば、上からちょうどいい感じで照らすことができそうです。

感想とおまとめ

思ったより光が強かったので、あとは高さを固定できれば、Mcoplus LE-130

とストロボとの併用で結構使えそうです。しかも下手にストロボを多灯するより、光を一定に発するLEDライトなら、撮影前に光の当たり具合が分かり、写真の出来具合が容易にできそうです。
Mcoplus LE-130 ¥ 2,800(07/18時点の価格です)

しかし、ストロボと言い常灯ライトといい、最近の写真用品は汎用品であればかなり安く、試したり勉強するにはお手軽でしかたありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
台北で一番うまい日式拉麺・武藤ラーメンに寄る~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その4
武藤ラーメンに向かう前に、PackersHostelさんから林森北路の大通りへ向かいます。 スポンサードリンク JustSleep林森北路 今日からの宿はJustSleepさんに変わります。ここは「リーズナブルな料金とハイレベルなサービス」...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧