PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

K&FConceptのスピードライト「KF-882」を買ってみた

July 16, 2016
スポンサーリンク
スポンサードリンク

ストロボも下剋上?

ちょっとしたときは内蔵フラッシュでもいいけれど

今使っているD750は高感度のスピードライトが内蔵されているので、外出先でちょっとしたときにはこれでよかったのです。

ところがちょっとライティングをしようとすると光量不足となってしまいます。
Nikon SB-5000

純正ストロボはいつの間にこんな値段に

Nikon純正ストロボって結構高いですよね。D5と併せて発売されたNikon SB-5000

をAmazonで値段を調べてみたら、60,189円と6万超えています。(07/16日現在)先代のNikon SB-910でも53,900円しますね。

下手なカメラ買える、、というかD3300価格.com最安ならレンズキットを買えませんか?

互換ストロボは純正より破格

以前から互換ストロボというものがありましたが、TTLなどでカメラとの同調を取るので、高度な制御が大丈夫だろうか?と思っていました。
K&F Concept スピードライト KF-882 (Nikonカメラ用)

最近改めて見てみると、ワイヤレス発光までできるようです。というか、すごい安い。純正の1/3以下で、ガイドナンバーなんかも上位機種よりも多い。

丁度AmazonでK&F Concept スピードライト KF-882 (Nikonカメラ用)

がセールで売っていたので購入してみました。

K&F Concept KF-882 スペック

品番:K&F Concept KF-882 特徴

回線設計 絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)
ガイドナンバー 56 (ISO 100,180mm)
フラッシュモード TTL, M, FEB, Slave, S1, S2, Multi
トリガーモード カメラ設定, S1、S2、従属ワイヤレスフラッシュ
ズーム範囲 18-180mm(マニュアル、オートズーム)
チャンネル 4
スレーブグループ 3
垂直回転角 -7~90度
水平回転角 0~180度
電源 4×AAサイズ電池(アルカリマンガン乾電池/ニッケル・水素充電池が使用可)
電源ON/OFF 電源スイッチによる切り換え
発光回数 100~1500回(AA アルカリマンガン乾電池時)
リサイクルタイム 約2.9s(AA アルカリマンガン乾電池時)
色温度 5500K±200K
フラッシュ時間 1/200s~1/20000s
フラッシュ出力制御 0.3EV光量制御(1/128~1/1)、22段階光量微調整
ワイヤレストリガ距離 室内20~30m、室外10~15m

KF-882開封

さて暫くして本体が届きました。箱は意外にコンパクトです。
photoflash-18


パッケージを開けると、K&F Concept KF-882スピードライト、ケース、バウンスアダプター、ミニスタンド、取扱説明書が入っていました。それと「この満足・不満足」というカードが入っています。
photoflash-19これは純正メーカーへの挑戦状でしょうか?たしかにこのストロボのガイドナンバーは56もありますが、Nikon SB-5000のガイドナンバーは「34.5」となっていますからね。
photoflash-20袋から取り出すと、意外と質感は良い感じでした。意外にもしっかりした作りです。逆にNikon純正品が値段の割にはちゃちい感じがします。

ストロボの首ふりやボタン操作は、ちょっと前のNikonのストロボと変わらない感じがします。
photoflash-21

電源は単三電池が4本必要(別途購入)となり、装着は右の電池室のカバーを開きます。電池を入れて電源ボタンを押せばすぐに使うことができます。

電池の出し入れはガタや引っかかりはなく、結構スムーズに行うことができます。左側に外部電源と接続できるようですが、オプション品がいまいち分からず。

そうそう、初めて電源入れるとき結構大きい電子音がなるので、回りに迷惑がかからないように注意して下さい。液晶の右上に音符があるときに、動作のたびに鳴ります。参考までに、下記のYoutubeの紹介でも鳴っていました。

K&F Concept KF-882 操作について

取扱説明書は英語と簡体中国語で、日本語はありません。ですが、ボタン操作はそれほど複雑ではないため機能を知っていれば、ある程度の機能は取説なしでも可能かもしれません。

項目 詳細
ON/OFボタンF 2秒長押しで電源ONとOFFができます
Zoomボタン レンズ焦点距離とワイヤレス設定ができます
CLEARボタン
同時押し
初期設定に戻ります
CLEARボタン右 ストロボの制御ですがNikonでは動かず
CLEARボタン左 調光方式とワイヤレス設定
マニュアル・Multi・i-TTLから選択
マスター・スレーブ設定が選択可能
照明・Fnボタン 液晶のバックライト点灯・消灯
MODEボタン 選択ボタン
FLASHボタン ボタンを押すとテスト発行ができます

撮影

取りあえずおもむろに取り付けて取ってみました。モデルはっというと、萌えとかしないのでフィギュアとかはないので困った。。。
photoflash-40

ん、随分前に壊れて引退したD1様がいました。これといiPhoneをモデル代わりに撮ってみます。
photoflash-30取る前に何か赤いのは、何か呪われているということではありません。スレーブ用の通信に内蔵ストロボが光るみたいです。
電源を入れると、BEEP音が五月蠅いです。
photoflash-32Amazonのレビューで調光ムラムラがあるというので、バウンスアダプターを被せて撮ってみましたが、気になるようなことはありません。

他にもバウンスさせたりすれば、同じように緩和されると思います。

photoflash-35

天に上ったNikon D1(ウソ)

シューに取り付けた場合、マニュアル発光にして近すぎるとこのように白飛びしたりすることがあるようです。
photoflash-37


もっとも普通に撮ってみると、こんな感じで適正です。ストロボ撮影はこれから腕磨かないと(笑)

まとめ

まだ試し撮りの段階ですが、操作も難しくワイヤレスでの撮影もできるので、これはこれで良い感じです。

安いので複数買って多灯撮影も手軽にできそうです。しかもワイヤレスでですよ!!
photoflash-50


またこのモデルであれば、ハイスピードシンクロに対応しているため、太陽光のある日中シンクロにも期待がもてそうです。

買ってもよい点

やはり値段は勝てません。明るさもあります。

    • 純正SB-5000と比べて1/5の値段
    • 純正SB-700と比べて1/3の値段

⇒ストロボが複数いるときに最適
⇒初めの1本に最適

  • ガイドナンバーは56と余裕

純正が良い点

結局のことこ安心感ですかね。

  • 日本語マニュアル
  • 安心サポート
  • 外部電源などのオプション色々
  • バウンスアダプターがケースに入る

純正に比べると安いので、最初の1本にはちょうどいいと思います。この値段なら壊れてもあまり痛手は少なく、増やすのにも懐に優しいです。唯一の欠点は、バウンスアダプターがケースに入らないことを悩む位でしょうか。

K&F Concept スピードライト KF-882 (Nikonカメラ用)

12,453円(Canon用も同額)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧