PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

K&FConceptのスピードライト「KF-882」を買ってみた

July 16, 2016
スポンサーリンク

ストロボも下剋上?

ちょっとしたときは内蔵フラッシュでもいいけれど

今使っているD750は高感度のスピードライトが内蔵されているので、外出先でちょっとしたときにはこれでよかったのです。ところがちょっとライティングをしようとすると光量不足となってしまいます。
Nikon SB-5000

純正ストロボはいつの間にこんな値段に

Nikon純正ストロボって結構高いですよね。D5と併せて発売されたNikon SB-5000をAmazonで値段を調べてみたら、60,189円と6万超えています。(07/16日現在)先代のNikon SB-910でも53,900円しますね。下手なカメラ買える、、というかD3300価格.com最安ならレンズキットを買えませんか?

互換ストロボは純正より破格

以前から互換ストロボというものがありましたが、TTLなどでカメラとの同調を取るので、高度な制御が大丈夫だろうか?と思っていました。
K&F Concept スピードライト KF-882 (Nikonカメラ用)

最近改めて見てみると、ワイヤレス発光までできるようです。というか、すごい安い。純正の1/3以下で、ガイドナンバーなんかも上位機種よりも多い。
丁度AmazonでK&F Concept スピードライト KF-882 (Nikonカメラ用)がセールで売っていたので購入してみました。

K&F Concept KF-882 スペック

品番:K&F Concept KF-882 特徴

回線設計 絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)
ガイドナンバー 56 (ISO 100,180mm)
フラッシュモード TTL, M, FEB, Slave, S1, S2, Multi
トリガーモード カメラ設定, S1、S2、従属ワイヤレスフラッシュ
ズーム範囲 18-180mm(マニュアル、オートズーム)
チャンネル 4
スレーブグループ 3
垂直回転角 -7~90度
水平回転角 0~180度
電源 4×AAサイズ電池(アルカリマンガン乾電池/ニッケル・水素充電池が使用可)
電源ON/OFF 電源スイッチによる切り換え
発光回数 100~1500回(AA アルカリマンガン乾電池時)
リサイクルタイム 約2.9s(AA アルカリマンガン乾電池時)
色温度 5500K±200K
フラッシュ時間 1/200s~1/20000s
フラッシュ出力制御 0.3EV光量制御(1/128~1/1)、22段階光量微調整
ワイヤレストリガ距離 室内20~30m、室外10~15m

KF-882開封

さて暫くして本体が届きました。箱は意外にコンパクトです。
photoflash-18
パッケージを開けると、K&F Concept KF-882スピードライト、ケース、バウンスアダプター、ミニスタンド、取扱説明書が入っていました。それと「この満足・不満足」というカードが入っています。
photoflash-19これは純正メーカーへの挑戦状でしょうか?たしかにこのストロボのガイドナンバーは56もありますが、Nikon SB-5000のガイドナンバーは「34.5」となっていますからね。
photoflash-20袋から取り出すと、意外と質感は良い感じでした。意外にもしっかりした作りです。逆にNikon純正品が値段の割にはちゃちい感じがします。

ストロボの首ふりやボタン操作は、ちょっと前のNikonのストロボと変わらない感じがします。
photoflash-21電源は単三電池が4本必要(別途購入)となり、装着は右の電池室のカバーを開きます。電池を入れて電源ボタンを押せばすぐに使うことができます。電池の出し入れはガタや引っかかりはなく、結構スムーズに行うことができます。

左側に外部電源と接続できるようですが、オプション品がいまいち分からず。

そうそう、初めて電源入れるとき結構大きい電子音がなるので、回りに迷惑がかからないように注意して下さい。液晶の右上に音符があるときに、動作のたびに鳴ります。参考までに、下記のYoutubeの紹介でも鳴っていました。

K&F Concept KF-882 操作について

取扱説明書は英語と簡体中国語で、日本語はありません。ですが、ボタン操作はそれほど複雑ではないため機能を知っていれば、ある程度の機能は取説なしでも可能かもしれません。

項目 詳細
ON/OFボタンF 2秒長押しで電源ONとOFFができます
Zoomボタン レンズ焦点距離とワイヤレス設定ができます
CLEARボタン
同時押し
初期設定に戻ります
CLEARボタン右 ストロボの制御ですがNikonでは動かず
CLEARボタン左 調光方式とワイヤレス設定
マニュアル・Multi・i-TTLから選択
マスター・スレーブ設定が選択可能
照明・Fnボタン 液晶のバックライト点灯・消灯
MODEボタン 選択ボタン
FLASHボタン ボタンを押すとテスト発行ができます

撮影

取りあえずおもむろに取り付けて取ってみました。モデルはっというと、萌えとかしないのでフィギュアとかはないので困った。。。
photoflash-40ん、随分前に壊れて引退したD1様がいました。これといiPhoneをモデル代わりに撮ってみます。
photoflash-30取る前に何か赤いのは、何か呪われているということではありません。スレーブ用の通信に内蔵ストロボが光るみたいです。
電源を入れると、BEEP音が五月蠅いです。
photoflash-32Amazonのレビューで調光ムラムラがあるというので、バウンスアダプターを被せて撮ってみましたが、気になるようなことはありません。他にもバウンスさせたりすれば、同じように緩和されると思います。

photoflash-35

天に上ったNikon D1(ウソ)

シューに取り付けた場合、マニュアル発光にして近すぎるとこのように白飛びしたりすることがあるようです。
photoflash-37
もっとも普通に撮ってみると、こんな感じで適正です。ストロボ撮影はこれから腕磨かないと(笑)

まとめ

まだ試し撮りの段階ですが、操作も難しくワイヤレスでの撮影もできるので、これはこれで良い感じです。安いので複数買って多灯撮影も手軽にできそうです。しかもワイヤレスで。
photoflash-50
またこのモデルであれば、ハイスピードシンクロに対応しているため、太陽光のある日中シンクロにも期待がもてそうです。

買ってもよい点

やはり値段は勝てません。明るさもあります。

    • 純正SB-5000と比べて1/5の値段
    • 純正SB-700と比べて1/3の値段

⇒ストロボが複数いるときに最適
⇒初めの1本に最適

  • ガイドナンバーは56と余裕

純正が良い点

結局のことこ安心感ですかね。

  • 日本語マニュアル
  • 安心サポート
  • 外部電源などのオプション色々
  • バウンスアダプターがケースに入る

純正に比べると安いので、最初の1本にはちょうどいいと思います。この値段なら壊れてもあまり痛手は少なく、増やすのにも懐に優しいです。唯一の欠点は、バウンスアダプターがケースに入らないことを悩む位でしょうか。

K&F Concept スピードライト KF-882 (Nikonカメラ用)

12,453円(Canon用も同額)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

最近の投稿

JTB台湾で高鉄3dayパスをゲットしに行く~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その1
前回までのプロローグ・1日目> 台湾初日は午前便で台湾にお昼過ぎに到着。それから台北にやってくる。 その後、夏の火鍋と夜のドライブで士林夜市によってから陽名山に行ってきました。 2日目も台北です。朝からだらだら旅行が始まるのです。 JTB台...
桃園空港と結ぶ台北駅の新しいバス停
去年10月30日から、桃園空港行きのバス停は西站から東三門へ移動しました。 それにともなって、ここから桃園空港までのバスが発着していました。 ところが桃園空港と結ぶ1819線が旧正月前後に移動するとの話が入ってきました。最初の一報はなるほど...
湯田中・あぶらや燈千~ちょっとじぶんにごほうびを
今冬は寒さが1カ月先行とかいわれ、すでに11月下旬には雪が降ってしまって、冬の季節が早く参りました。 年が明けても、こう寒い日が続いていきますと、どーもこたつが友達、玄関からは出られない!というマイナス志向になって、ダメダメ人間まっしぐらー...
ThinkPadX1carbonを使ってみたぞっ♡ノマドPCだぞっ!
と、UQモバイルのCM的に言ってみましたが、似合わないので辞めておきます。 こんにちは!Photravelです。 普段家で作業しているときは、ThinkPad X200シリーズを使っています。キータッチがいいですからね。外出などで使ているパ...
難易度が高くなった2017年の「日台縦断!鉄道スタンプラリー」第2弾
前回のスタンプラリー、高雄や台南など南の方も行ったものの、スタンプの台帳はしっかりもらってきたものの、すっかりスタンプを押しに行くことは忘れていました。前回のスタンプラリーの実施はこんな感じです。 また今年もやるーと、1月12日に京急・西武...
More
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧