PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

土曜休日の羽田空港からの帰りはJR山手線+モノレールでお得

July 13, 2016
スポンサーリンク

羽田空港に降り立ち、受託手荷物を受け取ってから家までの道のりは、足取り重いですよね。

特に翌日が仕事であろうものなら、このまま別の飛行機に乗るか、新幹線でも乗ってしまおうかと思ってしまいますが、今のところは妄想と未遂で終わっています。
tokyohanedaticket-3


帰り道、東京駅方面に進むのであれば、時間と運賃は次の通りかかります。

東京駅から羽田空港までの所要時間と運賃

・JR東京駅-京急・羽田空港駅(45分)
580円(ICカード利用時:572円) JR170円+京急410円

・JR東京駅-東京モノレール・羽田空港第1・2・国際線ターミナル(第2ターミナルまで30分)
650円(ICカード利用時:637円) JR160円+モノレール490円

お値段の京急を取るか?時間の山手線を取るかは悩むかもしれません。私は最近、乗換が面倒という理由だけで都内へはリムジンバス乗る人です。

モノレール&山手線割引きっぷ

土休日であれば、モノレール羽田空港(第1・2・国際線ターミナル)から山手線の駅まで、モノレールと山手線全駅に降りれる「モノレール&山手線割引きっぷ」というお得な切符が発売しています。

そのお値段は500円(子供半額)です。
tokyohanedaticket-2

羽田空港駅からJR山手線内のどの駅に降りても500円で行けるきっぷです。

東京駅まででも80~150円お得になり、これが浜松町の反対側の池袋エリアへまで行ってしまうと、通常であれば750円かかりますので、この切符だと250円お得になりますね。

モノレール&山手線割引きっぷ発売期間

発売期間:2017年03月31日までの土曜休日と下記の期間
・GW休み期間:04月29日~05月06日
・夏休み期間:07月19日~08月31日
・冬休み期間:12月29日~01月03日
・春休み期間:03月21日~03月31日

利用方法:東京モノレール・羽田空港第1・2・国際線ターミナルから山手線内各駅まで。途中下車禁止。(当日有効)

年度末までとなっていますが、数年前に発売を開始してから延長中です。

このきっぷができたのは京急との競争からなのですが、品川からの羽田新線ができるまではどちらも拮抗しているため、このまま実施が継続されるのではないのでしょうか?(あくまで予想なので、突然割引が打ち切りになることもあります)

モノレール&山手線割引きっぷ売り場

発売は、東京モノレール・羽田空港第1・2・国際線ターミナルの各駅と、地方空港に東京モノレールが設置した発券機にて購入できます。

tokyohanedaticket-1

こっちを買って下さいと言わんばかりの券売機

設置されている地方空港は下記の通り

モノレール&山手線割引きっぷが買える地方空港(全国17カ所)

新千歳・函館・富山・小松・伊丹・関西・岡山・広島・山口宇部・高松・福岡・大分・熊本・宮崎・長崎・鹿児島・那覇

モノレール&山手線割引きっぷのイマイチなところ

既にカンのヨロシイ方は、逆はどうするの?と思われているかと思います。そうです、このきっぷは羽田空港からの行きはあるのですが、羽田空港へ行く割引きっぷの設定がありません。

帰りもJR使って正規でねとも言えなくないのですが、そのときは通常の切符で京急でもモノレールでも、選んで帰ることになります。面倒だからリムジンは私。

tokyohanedaticket-4

空いてるときはいいのですが、、、品川駅にて

理由は浜松町・品川共に乗換えが狭いし混むし(笑)

あとこの他、同じ発売日に「東京モノレール沿線お散歩1dayパス」(700円)というのも発売されますが、こちらは当日限り有効のため、日帰り以外はお勧めできません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧