PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

羽田国際空港で安いプリペイドSIMカードは「U-Mobile」!

July 3, 2016
スポンサーリンク

プリペイドSIMカードというと、海外旅行必須と色々なところでレビューなどの記事がありますが、日本にも訪日外国人向けや海外居住者一時帰国向けに、プリぺドSIMカードがあります。
HND_airport-5


ネットやヨドバシなどの大型店舗でも販売されていますが、それまでに通信できないと不慣れや連絡が取れなくて不便なことがあると思います。

もし外国にいる友人・知人からのお問合せがありましたら、ご参考にして下さい。

スポンサードリンク

羽田国際空港の到着フロアにあるショップは何故か高価

到着エリアには、プリペイドSIMカードを売っている場所が4カ所あります。テレコムスクエア、モバイルコミュニケーションカウンター、JAL ABC、京急羽田空港国際線ターミナル駅改札付近です。

 テレコムスクエア(Telecom Square)

営業時間:6時30分~23時

テレコムスクエアと次のモバイルコミュニケーションカウンターはショップが並んでいます。
HND_airport-8


・データ通信
データ通信用はdocomoのネットワークを利用します。
3500円7日間1.5G
5500円30日間3G
また上記他に、So-netのプリペイドSIMカードの取扱があります。

音声通話についてはY!mobileを利用します。
日本国内通話は10分以内は無料で、国際通話は300円分の無料通話付きです。
・音声通話
5500円15日間1G
7500円15日間3G

 モバイルコミュニケーションカウンター(MobileCommunicationCounter)

営業時間:6時~23時
電話:03-5708-7039
HND_airport-9


SoftBankの音声通話対応のプリペイドSIMカードが売っています。
5000円11日間1.1G
8000円14日間3G
同じ価格(期間も同じ)で、通話とデータ量を選べるプランもあります。
その場合は3000円、5000円、8000円から選び、データ通信と定量通話を4パターンより選択します。

 JAL ABCカウンター(送迎受付)

HND_airport-7


空港からの手荷物送付を受け付けるJAL ABCカウンターでもIIJのプリペイドSIMカードの受付を行っています。
こちらは050番号によるVoIP通話が可能です。また国内20万カ所で無料WiFiが利用できる「Premium Code」が同梱されています。
Japan Travel SIM
2656円30日間1G

 京急羽田空港国際線ターミナル駅2F改札付近

営業時間:5時~24時
HND_airport-3


3500円 7日間
5000円15日間

KADOKAWAが販売しているJ walker sim。1日500Mを超過すると、256kbpsに速度低下します。

2F到着エリアにある京急線の改札口傍(切符販売機横)に、プリペイドSIMカードを売っている自動販売機があります。自動販売機なのでいつでも求めることができそうですが、電車の営業時間外は改札がシャッターで閉まってしまいます。

しかも自動販売機もそのシャッターの中のエリアにあります。実質上、電車が動いているときのみです。同じ場所に自動両替機やFree WiFi受付機もひっそりあります。

台湾と香港では現地で売っているので、そちらの方が安いです。
台湾版
6日間 799NT(4G使い放題)
11日間1299NT(4G使い放題)
6日間 499NT(1日300Mbまで、超過後128kbps)

羽田国際空港でおススメは1F!U-Mobile

一番便利なところが少し値段が高いSIMです。通話可能なものに関しては、上記から選ぶことになります

データ通信のみであれば、もう少し安いプリペイドSIMカードがあります。それは羽田国際空港の1Fにある「Air LAWSON」で販売している「U-Mobile」です。
U-mobile

 エア・ローソン(Air LOWSON)

営業時間:24時間
HND_airport-1


リムジンバスなどの送迎バスで来たことがあれば、中央エリア付近にお店があるので、ご存知かとおもわれます。

ここでもプリペイドSIMカードが売っています。こちらでは、U-Mobile・IIJ・Biglobe・So-netの各SIMが販売されています。

その中でおススメなのは、
U-Mobile
1944円7日間 200M/日
3024円15日間200M/日

一日あたりLET通信が200MできるプリペイドSIMカードです。200Mでは心もとないと思われますが、上限に達した後は200k通信が利用できるので、メールやSNS通信などの通信であれば問題ないと思います。

またLOWSON自体24時間営業しているので、いつでもプリペイドSIMカードをお買い求めることができます。
なお、3F出発エリアのセブンイレブンでもU-MobileのプリペイドSIMカードを販売していますが、若干高めの上に深夜帯は店はやっていません。

 おまけ

成田ではイメージキャラクターである「橋本環奈」が描かれた自動販売機で求めることができます。ターミナル1~3それぞれにあります。自動販売機で売っているのに何故か定価より少し高め。

U-Mobile
2000円 7日間 200M/日
3500円15日間 200M/日

HND_airport-6


台湾他の国よりまだ値段が高くて利便が渋いなと思いましたが、少し前までプリペイドSIMカードは皆無の状況からは変わったようです。

これもオリンピックや訪日外国人インバウンド施策のお陰なんでしょうかと感じます。プリペイドSIMカード以外にも、訪日外国人向けの無料WiFiが増えましたので、2つ併せて利用するのが、現在ベストな利用方法かと思われます。

外国からのご友人が来られた時には、是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧