スポンサードリンク

スポンサーリンク

台湾旅行

初めての台湾旅行でも安心!グロリアプリンスホテル台北(台北華泰王子大飯店)

更新日:

スポンサードリンク

 日系プリンスホテル系列のホテル

最近ネットレビューされる安宿は結構多いのですが、ツアーなどで使われるホテル等は意外とありません。この前台北で泊まったホテルは普通にサイトから予約して利用しました。後で考えると、昔ツアーのリストによく入っていたかなと思いました。

特にツアーで利用される方というのは、初めて台湾に旅行される方が圧倒的かと考えられ、不安に思われる方もいらっしゃるかと思われます。

ということで、この前台北グロリアプリンセスホテルに泊まってみましたので、少しばかりレビューしてみます。

 グロリアプリンスホテルはこんなところ

ホテルの場所

MRT双連駅から7~8分程歩いた中山地区の北側、林森北路と中山北路二段と交わる交差点にホテルは位置する5つ星ホテルです。
taiepi_GloriaPrince-18


最初、少し駅から離れているかな?と最初は思っていましたが、MRT双連駅ほかにMRT行天宮駅も利用できるため、意外にも各方面に出かけるのにアクセスはいいです。淡水線からであれば、北へは士林や淡水、南は台北駅や101まで乗り換えなしで行くことができます。
taiepi_GloriaPrince-19

グロリアプリンスホテル前の交差点

ホテルの遍歴

元々は同じ敷地に鉄工所が存在しましたが、工場の拡大と都市開発計画が持ち上がり、台北市の郊外へ移転。その跡地に華泰王子大飯店(グロリアホテル)として、1972年(昭和47年) に開業しました。2001年(平成13年)7月、運営受託開始に伴って華泰大飯店が、「グロリア・プリンスホテル・台北」(華泰王子大飯店)に名称を変更。プリンスホテル系列の一員となって今に至ります。
そのためか、地元のタクシーの運ちゃんには、「グロリアプリンス」より「華泰」(ファータイ)の方が通じるようです。

 宿泊してみた感想

受付

ドアマンがいる入口を入り、趣きある1階ロビー右奥に受付があり、ここでチェックインを行います。
taiepi_GloriaPrince-16


先払いの場合は預かり金が発生する場合があります。(1000元チェックアウトの際返却)チェックイン前や後の荷物は、受付横のディスクで荷物を預かってくれます。番号札を渡されるので、無くさないように。部屋の鍵はカードキーです。
エレベータは入口近くにあり、4基備わっているのでそれほど待たされることはありません。

部屋は広くていい

taiepi_GloriaPrince -5


私が宿泊した部屋はエグゼクティブ ダブルルームという部屋になります。広さは部屋によって26-30㎡あります。一人利用だから、この部屋は小さい方なのかも。
taiepi_GloriaPrince -1
部屋にはダブルベットの他、仕事のできるディスクの他に、くつろぐことができる椅子があります。1人利用では完全に持て余します。もちろん部屋では無料でwifiを利用することができます。
taiepi_GloriaPrince -3
安宿では広さは半分~1/3になり、ドミトリーであれば確実に7、8人余裕で詰め込まれる広さです(笑)中は古さを感じる箇所もありますが、清掃の手入れが行き届いているのか、全く不快感はありませんでした。逆に老舗ホテルなので、趣きともとられることができるかもしれません。
taiepi_GloriaPrince -12
浴室が広い広い。
暑い台湾ですが、窓からは心地よい光が舞い込んできます。窓の外は林森北路の通りを眺めることが出来ます。さすがに窓の傍はあついです。それだけに、断熱にはかなり気を配られているように見受けられます。
20160603_taiwan-3

この道を真直ぐ行くと台北駅方面に向かいます。繁華街もこちら。

アメニティ

部屋の入口傍にクローゼットがあります。となりにミニバーがありますが、(別料金)近くに繁華街があるので、飲む方はそちらに行きましたw
taiepi_GloriaPrince -8


タオルやスリッパなどは当然用意されていますが、また海外では珍しく浴衣が備えられているので、寝間着を持参しなくても大丈夫です。ここはさすが日系。
taiepi_GloriaPrince -13

施設

20160603_taiwan-1

朝食はバイキング形式です。

設備は4階までに飲食店、ビジネスセンター があり、11階にはフィットネスセンターがあります。客室はこの間にあります。そして館内全域での無料Wi-Fiが利用できます。出歩いてばっかりだったので、ちょっと使ってみたかったと。

朝食は1階のレストランが会場となります。

20160603_taiwan-2

あつあつのオムレツを作ってくれます。

周辺案内は気軽にスタッフの方々へ出来ます

日系ホテルとあって殆どのスタッフは日本語が話せるので、何か困ったことがあったときはすぐにフロントに話せるので安心です。また周辺の買い物や食事などしたいときは、ホテル独自の地図を用意していますので、親切に教えて頂けると思います。ホテルの近く(台北駅方面)には、小籠包で有名な「京鼎樓」や欣欣百貨地下のスーパーへ歩いて行けますので、是非行ってみて下さい。もちろん林森北路へは、前述のお店より先、林森公園を超えたことろにあるので、こちらへも歩いて行くことができます。

 予約について

宿泊料

110~120円の円安の頃は1万2000~16000円(1泊)でしたが、最近の100円近い円高で、1万円前後とかなりリーズナブルで泊まることができます。
なおダブルブッキングなどの都合で、隣のグロリアレジデンス(華泰瑞舍)に案内されることがあります。こちらは長期滞在型のため客室は更に広く、部屋にキッチンや洗濯機があります。エゼクティブな方には、こちらもおすすめです。

予約方法


旅行会社やWebより予約ができます。Webの予約サイトによってばらつきがみられましたので、幾つかのサイトを比較するとをお勧めします。(ちなみに楽天で頼んだときは、アップグレードありました!)
Booking.comで予約をする
エクスペディアで予約する

またツアー旅行でオプションにて、このホテルを選べることが多いのです。あれば積極的にお勧めします。

 最後に

比較的利用しやすい料金の上、5つ星ホテルということもあって、滞在中はかなりゆっくり過ごすことができます。台北市内では、結構狭い部屋のホテルは多いですからね。
癒しの台湾ですから、ゆっくりお過ごしください!

グロリア プリンス ホテル台北
(台北華泰王子大飯店)住所:台湾台北市林森北路369号
電話:02-2581-8111
チェックイン :15:00から(0:00終了)
チェックアウト:12:00までアクセス
・MRT双連駅より徒歩10分。
・桃園国際空港より車で60分、松山空港より車で30分。
・台北駅より車で10分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-台湾旅行
-, , , , , , , ,

Copyright© PHOTRAVEL , 2017 AllRights Reserved.