スポンサードリンク

スポンサーリンク

台湾旅行 旅行

永康街・小隱私廚と芒果皇帝(マンゴーキング) ~Computex台北とOFF会の台湾旅行 3日目その3

更新日:

スポンサードリンク

永康街

行天宮から東門までは、MRT新荘線1本で行けるので楽々です。東門駅の永康街という街は牛肉麺で有名ですが、日本でも小籠包で有名な「鼎泰豊」本店を始めとした飲食店が集まり、美食街としても有名です。ところが以前はバスか忠孝新生駅から徒歩orタクシーと、かなり不便だったのですが、MRT開通で一気に便利になりましたよね。

BAR9の呂呂ちゃん(chengcheng)と駅で待ち合わせをして、お昼に向かいます。向かった先のお店は「小隱私廚・大隱酒食」というお店。台湾料理がいいな~と思っていたところ、このお店をセレクトしてくれました。ただあと一人、店長が来てません。どーやら寝坊して今起きた模様。とりあえず二人でお店に向かうことにしました。駅から永康街のメインストリートをずっと歩いて行き10分ちょっとで到着しました。雨はまだ降っていませんが、ちょっと暑い。
20160604_taiwan-26


到着すると、店はこじんまりとした感じでした。中に入ると、台湾料理屋ですが古い日本家屋や居酒屋といった、どこか懐かしくもありノスタルジックな雰囲気がします。
20160604_taiwan-11
席は20席ほどですが、2階には畳の席があります。メニューには日本語があるので、安心して選ぶことができます。それでもお店のお勧めや呂呂ちゃんセレクトでしたw
20160604_taiwan-29
料理はこんな感じです。ただ、店長遅れているのて、量が多いwサスガに二人でゲッソリしていました。
20160605_taiwan-74
1時間ほど遅れて、店長がやってきました。さすが3人になると量が減っていきます。なんでも昨日は接待で寝るのが遅かったらしい。そんな中つきおうてもろうて、ありがたやありがたや、ありがとうごうざいます。
20160604_taiwan-9

呂呂ちゃんの後姿。正面はBAR9でね!

大隱酒食
住所 :台北市大安区永康街65号

時間 :11:30から14:00、17:30~22:30
定休日:月曜
小隱私廚
住所 :台北市永康街42-5号

芒果皇帝(マンゴーキング)

お昼の後は、駅に戻る途中にある、「芒果皇帝(マンゴーキング)」に寄ります。思慕昔という選択肢もあったのですが、こんな感じで長蛇の列で激混み。どれだけ待つのでしょうか???
20160604_taiwan-31


芒果皇帝も少し待ちましたが、先に注文と会計をして10分ぐらいで中に入ることができました。それから程なくしてマンゴーかき氷が出て来ればあなた、それは至福のひとときです。昨日とくらべると、少し氷の方がマンゴーが瑞々しかったような。こちらは少しシロップで甘さを上げている感じです。食通でないので、評価はこの位まで。食べてしまえば冷たくてウマウマ。
20160604_taiwan-36
芒果皇帝(マンゴーキング)
住所 :台湾台北市大安區永康街2巷2之1号

営業時間 :09:30~22:30

芒果皇帝を出たら、東門駅に戻ります。道路から地下へ潜ると思慕昔の広告げいゃでも目に付きます。なお思慕昔は、海外進出を目論んでいるようで、代理店を募集しています。日本に既に進出したアイスモンスターやマンゴーチャチャに続けとばかり。今なら上手く契約できるかもしれません(笑)
20160604_taiwan-38


駅のホームで彼らと別れて、ホテルに預けている荷物を取りに行きます。いよいよ日本へ戻る時間が近づいてきました。

(つづく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-台湾旅行, 旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2017 AllRights Reserved.