PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

台北小米之家シャオミショップ第1ラウンド ~Computex台北とOFF会の台湾旅行 3日目その2

June 21, 2016
スポンサーリンク

行天宮駅へ着き、駅前のステーションにU-Bikeを返却すると、シャオミショップはすぐに見つけることができました。
20160605_taiwan-1


というか、出口間違わなければ絶対に分かるかと思われます。MRT行天宮駅の3番出口を出てすぐです。

なぜシャオミか?Why Xiomi???

シャオミは中国の企業ですが、発売しているスマートフォンのデザインは、〇ppleのパクリと思われますが、かなり質感とスペックは本家に劣らず高いです。日本の価格帯では格安~ミドルレンジの値段であるため、お膝元の中国を始めとして、近年注目を浴びているメーカーです。日本進出はあまり考えられていない(無視しているという噂も)ようで、日本ではモバイラーを中心に知名度が広まっていますが、一般的にはまだ知られていません。

個人的な所感ですが、なんとなく初代Xperiaの頃の状況に似ているかなと思います。その頃はWindowsCEやPhoneがコケて、既にiPhone3Gは入ってきたいて、日本でのAndroidは産声を上げたばかりのHT-03aしかなく、まだまだガラゲーが幅を占めていた頃です。初代Xperiaを発売日に購入しましたが、変態扱いでしたからね。とはいえ、今思えばシングルタッチベースだったので、ヒドイかったものですがw

iPhone3GS〜4位のときに、今無き台北駅前のNOVAでHTC TATOOを購入して使ってました。(モバイラーの方なら知っていますよね)この頃HTCは既に日本へ上陸(覚えていますか?HTC Daiamond)をしていましたが、急成長中であったたころのHTCとXiaomiがダブってみえます。

台北小米之家へやってきた

20160605_taiwan-6


台北のシャオミショップは去年の夏にオープンして以来、ここ台湾でも大人気で、オープンから暫くは入場制限とかが行われていました。今回行ったときは大分落着いたのか、そのような制限もありませんでした。駅横にある入口は思っていたより小さく感じ、少し狭い階段を駆け上がります。ストアのあるフロアへ着くと、初めてきたのに見慣れたような風景が見られます。

そう、シャオミの戦略はAppleを模倣しています。デザインもさることながら、iPhoneの部品もかなりの割合が高いといわれ、更には実店舗の方もかなり似ています。それだけでなく、ところどころ目立たぬ所に
無印良品
がリスペクトされています。
20160605_taiwan-5


中に入ると週末と相まって、やや混雑していました。店の中央には今年の初めに発売された、Xiaomi Mi5が鎮座しています。残念ながら台湾では32G版のみの販売です。中国内では高機能版64G、128G版が発売されています。手に持ってみると思ったより軽い感じです。動作もサクサクです。プロセッサはSnapdragon 820を搭載していて、性能評価のアプリであるAnTuTuのベンチマークでは、脅威の14万点超えをマークしているのですよ。これがどれだけすごいかというと、Snapdragon 810を搭載しているsony Xperia Z5の2倍のスコアなのです。おそロシア。
20160605_taiwan-3
Mi5の隣のディスプレィに最新のMi4やも取り扱っていて、デザインはiPhone5cを5インチに大きくした感じ。サクサク感はMi5程ではありませんが、国内スマートフォンと比べれば大差ありません。セールで1000元引の4999元の価格で販売されていました。(約17500円)これであれば日本のAmazonで25000円前後で売っているので、買い得のような気がします。悩みましたが時間の都合上長く居れなかったので、買わずに退散しました。
ほかにはXiaomi Note2・3もありましたが、デカイのはiPhone6s+だけでいいやと、それほど見ませんでした。
台北小米之家
営業時間:11:00 ~ 19:00
定休日 :?
住所  :台北市松江路273号2階(捷運行天宮站3號出口)
アクセス:中和新蘆線 行天宮駅3番出口でてすぐ左

MRTに急ぎ、東門へ向かいます。

(つづく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
台北で一番うまい日式拉麺・武藤ラーメンに寄る~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その4
武藤ラーメンに向かう前に、PackersHostelさんから林森北路の大通りへ向かいます。 スポンサードリンク JustSleep林森北路 今日からの宿はJustSleepさんに変わります。ここは「リーズナブルな料金とハイレベルなサービス」...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧