PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

現代のノクトニッコールとComputex台湾美女

June 12, 2016
スポンサーリンク

一眼レフというのは、媒体となる映像素子と画像処理エンジン以外にも、装着しているレンズによってその写真の個性や表現というものが出てきます。

フィルム時代の多少曖昧なピントでもゆるされたものが、デジタル化によってシビアになり、最近では解像度重視の写りが好まれています。

そんな中で私が常用するNikonでは、「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」というレンズがラインアップされています。

「点が点に写る」レンズ

このレンズはその昔、MFレンズでラインアップされていた「NOCT NIKKOR 58mm f/1.2」の「ノクト思想」を受継いだレンズなのです。
えっ、何それ美味しいのと思われますが、このレンズは夜間撮影において、

「点が点に写る」ことを目指したレンズなのです。

ますます分かりずらくなっています。

これは通常夜間撮影において光源があると、特に画面周辺のボケの形状が鳥が羽ばたいているように映ってしまいます。これを「サジタルコマフレア」と呼ばれていますこのサジタルコマフレアを前玉に非球面レンズを用いて極限まで減らし、「点が点に写る」ようにしたのが、Noct Nikkor(ノクトニッコール)なのです。

Noct(ノクト)という名前の由来はNocturne(夜想曲)から来ているといわれています。1977年より販売されてその後の改良でAi-s化までされましたが、惜しくもこのレンズは1997年頃に販売が終わってしまいました。

販売された本数もそれほど多くないことも相まり、その後の中古市場では定価より高く取引されています。(中古平均相場:20万円前後)

もう少し詳しいことはこちらを参照して下さい。

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」とは

このノクト思想を現代の技術で生まれ変せたのが、2013年10月に発売した「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」なのです。メーカー自身も現代のノクトとしての位置づけをしていますが、レンズ名に入っていません。

かなり癖のあるレンズのためAi時代はNOCTを命名していましたが、かえってそれが特殊レンズとして見られてしまったとの反省で、今回は敢えてその名前を入れていないそうです。

さてその写りというのは、夜景にて点像の再現に優れ、近影では自然なボケ味を絞り開放から発揮してくれます。

特に夜間撮影に力を発揮することから、「夜の帝王」とも言われています。また開放からのボケが美しいことから、ポートレート撮影でもよく使われています。

Computexの台湾美女

発売時は17~18万程していたレンズも、2015年後半から14万台まで下がってきました。また後で暴騰する前に買ってしまおうと、余裕があるときに購入しました。

ところが買ってからというものの、標準レンズよりやや焦点距離が長く小難しいレンズのため、今まで数回しか持出していませんでした。

今回Computexに行くに当たって、どうせならこのNoctレンズの実力とやらを見させてもらおうかということで持出し、Computex会場にいたコンパニオンをこのレンズで取ってみました。
(ここまでの前フリが長かったw)

スポンサードリンク

台湾美女をノクトで撮る

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」作例1

computex2016_lady-110

computex2016_lady-78computex2016_lady-96computex2016_lady-54computex2016_lady-91computex2016_lady-106ご清聴ありがとうございました。

おぃおぃ

まだ終わりませんw

普通のレンズとの違い

では通常のレンズとはどの位違うものか。普段使用しているAF-S 28mm F1.8と比べてみます。

computex2016_lady-3

これは28mmです。
これがノクトだと、、、
computex2016_lady-97こんな感じになります。焦点距離の差もありますが、表情が豊かになったような感じです。

引続き「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」作例2

computex2016_lady-7

computex2016_lady-13computex2016_lady-6computex2016_lady-90computex2016_lady-85イベントステージ以外では、待っていれば割と目線くれます。なのでポートレート初心者の自分でも楽々(笑)

ちょっと難しいのは、ピンと合わせ。静止撮影や一対一の撮影ではないので、ほぼ一発勝負。
いつも風景や物撮りなので、完璧にカメラ任せです。それでもよく撮れていること。

ここまでやるのか!

あと台湾では時間の余裕があれば、ツーショットの写真にも応じてくれます。

computex2016_lady-93


また人が少ない時には、モデル撮影のようにポーズを決めてくれます。いたりつくせりです。

気になったのは、結構コンパニオンとしゃべっている姿をよく見ました。フレンドリーなのか追っかけ常連ファンなのでしょうか?

おまけ画像

短時間なのでノクトはここまでですが、28mmでも惜しいのがあったので、おまけコーナーです。

computex2016_lady-72

computex2016_lady-66 computex2016_lady-1

computex2016_lady-60

computex2016_lady-56computex2016_lady-76computex2016_lady-63computex2016_lady-65

さていかがだったでしょうか?

なお全てRowからの現像で、明るさのみ調整しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

九份への4つの行き方と2倍楽しむ方法!台北からのバスは忠孝復興2番出口だよ♪
台北市内観光が終わったら次は何処へ行こう?と思ったとき、一番人気があるのは、九份老街です。通常は九份と呼ばれています。 台北から1時間半ほとで行ける場所で、半日あれば見廻って帰ってこれることから、今や台北の「次」の観光地として定番となってい...
【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧