PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

台湾・墾丁「風吹砂 Fungchuisha in Kenting」

April 27, 2015
スポンサーリンク

Photravel0003恒春半島の墾丁といえば台湾のリゾート地です。繁華街より更に東に行くと、人気は少なくなり砂丘があります。

「風吹砂」見どころ

この恒春半島では冬の時期に山から海に向かって強い風“落山風”が吹きます。辺り一帯でバイクに乗るとき、海岸線の道は、かなり強い風にあおられますので、この付近での運転は注意して下さい。

「風吹砂」ではその風の影響で地層が浸食され、そこを流れる雨水により 、砂が河のように流れる地形ができたそうです。オフシーズンとなる11~2月の風の強い冬場が見頃なんです。夏はサーファー多そうですし。
Fungchuishamap

 交通・台北からのアクセス

台北から台湾高速鉄道で終点左榮で下車。 駅改札フロア内のコンコースにて、墾丁行バスのチケットを売っている台があります。(少し日本語話せる人がいるときがあります) ここで恒春までのチケットを買い、墾丁行に乗ります。

墾丁行バスは概ね1時間に1本の間隔。ここから2時間強~30分バスに揺られ、恒春にて下車。ここからはタクシーかレンタカー、レンタルバイクを利用。レンタカーは使ったことがありませんが、バレンタルバイク屋が何軒かあります。恒春のバスターミナル向かいにレンタルバイク屋があります。(昔はここで借りれました)

ただ最近台湾内では、外国人に対して貸し渋る傾向があります。ちなみに台東ではほぼ全滅と言われています。レンタル利用は国際免許証不可であるため、予め日本のJAFか台北と高雄にある日台交流協会にて、所持している免許証の訳文を発行(有料)してもらうことで、台湾内にてバイク等を借りることができます。原付しか免許に記載してないのに、平気で100ccぐらいの小型を貸してくれます。(いいのか?いやよくないってw)

バスのほか、台北(松山)から恒春までの飛行機がありますが、週2~3便程しかありません。その上、台北から現地到着後はすぐ折り返し戻るため、実質片道での利用しかできません。恒春までの航空会社はエバー航空子会社のuniairが運航。バスターミナルから数キロ北側に位置します。(空港外をバスが通過します)

台北から墾丁を回るには、ほとんどの方は1泊します。朝早く出て日帰りだったとしても、まるまる1日は見ておいた方がいいと思います。

Photravel Memorys 0003
墾丁 風吹砂 Fungchuisha in Kenting

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

最近の投稿

JTB台湾で高鉄3dayパスをゲットしに行く~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その1
前回までのプロローグ・1日目> 台湾初日は午前便で台湾にお昼過ぎに到着。それから台北にやってくる。 その後、夏の火鍋と夜のドライブで士林夜市によってから陽名山に行ってきました。 2日目も台北です。朝からだらだら旅行が始まるのです。 JTB台...
桃園空港と結ぶ台北駅の新しいバス停
去年10月30日から、桃園空港行きのバス停は西站から東三門へ移動しました。 それにともなって、ここから桃園空港までのバスが発着していました。 ところが桃園空港と結ぶ1819線が旧正月前後に移動するとの話が入ってきました。最初の一報はなるほど...
湯田中・あぶらや燈千~ちょっとじぶんにごほうびを
今冬は寒さが1カ月先行とかいわれ、すでに11月下旬には雪が降ってしまって、冬の季節が早く参りました。 年が明けても、こう寒い日が続いていきますと、どーもこたつが友達、玄関からは出られない!というマイナス志向になって、ダメダメ人間まっしぐらー...
ThinkPadX1carbonを使ってみたぞっ♡ノマドPCだぞっ!
と、UQモバイルのCM的に言ってみましたが、似合わないので辞めておきます。 こんにちは!Photravelです。 普段家で作業しているときは、ThinkPad X200シリーズを使っています。キータッチがいいですからね。外出などで使ているパ...
難易度が高くなった2017年の「日台縦断!鉄道スタンプラリー」第2弾
前回のスタンプラリー、高雄や台南など南の方も行ったものの、スタンプの台帳はしっかりもらってきたものの、すっかりスタンプを押しに行くことは忘れていました。前回のスタンプラリーの実施はこんな感じです。 また今年もやるーと、1月12日に京急・西武...
More

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧