スポンサードリンク

スポンサーリンク

Photravel 台湾旅行

台湾・墾丁「風吹砂 Fungchuisha in Kenting」

更新日:

Photravel0003

恒春半島の墾丁といえば台湾のリゾート地です。繁華街より更に東に行くと、人気は少なくなり砂丘があります。

スポンサードリンク

「風吹砂」見どころ

この恒春半島では冬の時期に山から海に向かって強い風“落山風”が吹きます。辺り一帯でバイクに乗るとき、海岸線の道は、かなり強い風にあおられますので、この付近での運転は注意して下さい。

「風吹砂」ではその風の影響で地層が浸食され、そこを流れる雨水により 、砂が河のように流れる地形ができたそうです。オフシーズンとなる11~2月の風の強い冬場が見頃なんです。夏はサーファー多そうですし。
Fungchuishamap

 交通・台北からのアクセス

台北から台湾高速鉄道で終点左榮で下車。 駅改札フロア内のコンコースにて、墾丁行バスのチケットを売っている台があります。(少し日本語話せる人がいるときがあります) ここで恒春までのチケットを買い、墾丁行に乗ります。

墾丁行バスは概ね1時間に1本の間隔。ここから2時間強~30分バスに揺られ、恒春にて下車。ここからはタクシーかレンタカー、レンタルバイクを利用。レンタカーは使ったことがありませんが、バレンタルバイク屋が何軒かあります。恒春のバスターミナル向かいにレンタルバイク屋があります。(昔はここで借りれました)

ただ最近台湾内では、外国人に対して貸し渋る傾向があります。ちなみに台東ではほぼ全滅と言われています。レンタル利用は国際免許証不可であるため、予め日本のJAFか台北と高雄にある日台交流協会にて、所持している免許証の訳文を発行(有料)してもらうことで、台湾内にてバイク等を借りることができます。原付しか免許に記載してないのに、平気で100ccぐらいの小型を貸してくれます。(いいのか?いやよくないってw)

バスのほか、台北(松山)から恒春までの飛行機がありますが、週2~3便程しかありません。その上、台北から現地到着後はすぐ折り返し戻るため、実質片道での利用しかできません。恒春までの航空会社はエバー航空子会社のuniairが運航。バスターミナルから数キロ北側に位置します。(空港外をバスが通過します)

台北から墾丁を回るには、ほとんどの方は1泊します。朝早く出て日帰りだったとしても、まるまる1日は見ておいた方がいいと思います。

Fungchuishamap

Photravel Memorys 0003
墾丁 風吹砂 Fungchuisha in Kenting

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アドセンス関連

-Photravel, 台湾旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2017 AllRights Reserved.