PHOTRAVEL

旅と写真とときどきモバイル、台湾

台北でのプリペイドSIM購入場所(台湾モバイル)

April 3, 2016
スポンサーリンク

よくプリペイドSIMを買うなら空港で!というのをWebサイトで見ます。

ですが、実際のところ特にツアーで来たときには、買う時間があるかどうかがわかりません。

というのも、飛行機やイミグレーション混雑による遅れで、点呼後すぐに空港を離れるケースがよくあります。また結構現地ガイドの方はセッカチな人も多くて、一時的に離れることを了承してもらえるかは不明です。

また、SIM発行まではスムーズにいって15~20分は最低でもかかるので、初めての台湾ではハードルが高いかもしれません。

また現地22時以降は空港での窓口自体が終わっているので、翌日市中で購入することになります。

taiwand750-3

そんなときは台北市内についてから購入することになります。

プリペイドSIMを購入するのは、基本的には日本の携帯キャリアショップのような、現地キャリアのショップからとなります。(MVNOもありますが、今回は除きます)

基本的にはリペイドSIMを発行するにはパスポートともう一つ、公的証明書が事前に必要です。日本の運転免許書はOKです。(空港内ショップであれば、後者は不要なこと多し)

ところが、一部のキャリアショップでは普段から取扱いをしたことないのか、受付を断れることがあります。

実際、私の経験では、旧台東駅付近の台湾モバイルでは、プリペイドSIMの受付ができませんでした。店員さん数人が一生懸命がんばってもらって、センターらしきところに日本語できる人に代わってもらってと、決して頭ごなしに受付拒否というのはありません。もっとも、5年位前の話なので今はできるかもしれませんが、、、。

もし台北市内で購入することになった場合のご案内です。

 台北市内で購入するには!

台北でプリペイドSIMを購入しやすいところは、台北駅前が比較的外国人向けの手続きに慣れているので、観光若しくは長期滞在者であれば、こちらでの受付が宜しいかと思われます。

台湾にはいくつか携帯キャリアがありますが、プリペイドSIMが購入しやすいキャリアとなると、中華電信・台湾モバイル(台湾大哥大)・遠傳電信となります。(他に台灣之星(T STAR)や亞太電信もありますが、空港の制限エリアのショップ以外はハードル高し)

その中で「台湾モバイル」であれば、駅前の大通りすぐのところに「シーザーパークホテル」1Fにあるキャリアショップで購入するのが無難です。
taipei_mobile-4-2

場所は駅の目の前にあり、地下街からは、M5出口もしくは「台北凱撒大飯店(台北シーザーパークホテル)」と表示されている出口を目印にすれば、ホテル直結なので分かりやすいと思います。

taipei_mobile-3

日本語できる店員さんは常在していませんが、最低英語での対応は可能です。受付で「プリペイドカードプリーズ」といえば、あぁまたか(笑)みたいに反応して、すぐ理解してもらえます。

taipei_mobile-1

プリペイドSIMがあると、U-Bike借りれたりと旅行を楽しめる範囲が広がります。

おっと、プリペイドSIMを購入する前にSIMフリーかSIMロック解除のスマートフォンをお持ち下さい。日本のガラパコス携帯・スマートフォン(キャリア販売のiPhone含む)はロック解除していない場合は、使用することはできません!

台湾の携帯はSIMフリーなので、現地で買うとう選択肢もあります。そのとき免税対象店であれば、台湾の消費税相当分を還付が受けられます。

空港でプリペイドSIMを入手しやすい中華電信は、こちらのビル裏手にあります。遠傳電信は、新光三越の裏手にあります。別な機会にご案内します。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最近の投稿

【Amazon1位!】LCCって何?というときに頼りになる「いがモバ」さんのLCCバイブル本が発売します!
LCCとガジェットブログのサイトの「いがモバ」さんが、いがモバさん一行が台湾行くので、2月下旬に一緒に行ってきました。 4日間に渡ってお届けした #スクートガジェ旅 が無事に終了。先程成田空港に帰ってきました。ガジェ旅の詳しい旅の記録・お得...
MRT桃園空港線で台北から行く方法と乗車記(快速時刻表つき)
台湾の主要国際空港となる桃園空港と台北までは、今までバスで往復するのが主流でした。大体1時間前後かかって台北に到着していました。 時間帯によって所要時間のバラツキがあり、特に夕方以降はラッシュアワーの交通渋滞と重なり、台北に到着する時間は予...
JALANAなど国内線を利用するとマイルが付く!日本500マイルキャンペーンは12年延長中
この時期になるとマイラーの人々がわさわさしだすこと。それはデルタ航空のキャンペーン「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」が今年も延長されるかということです。毎年毎年延長していますが、デルタ航空というアメリカのエアラインが実施している...
饒河街夜市から夜は更けて林森北路のBARへ~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その5
中山方面の列車に乗らず、反対側の松山行きに乗り込んだのは、松山線が開通して饒河街夜市へはMRT一本で行けるようになったのです。駅の場所は今まで台鉄松山駅から5分程度歩いて行っていたのが、饒河街夜市の入り口目の前に、MRTの出口ができたのです...
台北で一番うまい日式拉麺・武藤ラーメンに寄る~2016年夏台湾旅行記・台湾2日目その4
武藤ラーメンに向かう前に、PackersHostelさんから林森北路の大通りへ向かいます。 スポンサードリンク JustSleep林森北路 今日からの宿はJustSleepさんに変わります。ここは「リーズナブルな料金とハイレベルなサービス」...
More
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく読まれている記事

おすすめ一覧